2016年04月16日

H28.4.16 油壺釣果掲示板

8BD0971B-ED71-41D9-9C6D-DC75136B803A.jpg

久しぶりです。
凪いでます。
posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

H28.4.10 油壺釣果掲示板

IMG_0890.JPG

iOS さんから頂きました。
そして、これ↓が iOS さんの釣果です。

IMG_0900.JPG

テンヤでの1枚。
ホウボウもカワハギも良い型です。
水温も17度と高くなって来ました。
今年は季節が進むのが早そうです。
posted by こっとん | Comment(2) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

始めました

KAFUN.jpg
posted by こっとん | Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

H28.2.6 油壺釣果掲示板

IMG_0833.JPG

iOSさんから頂きました。
水温 12度台後半。
なかなか難しいようです。
posted by こっとん | Comment(2) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

ちゅーい!

CHEWIE02.jpg

CHEWIE01.jpg

CHEWIE03.jpg

217602838_org.v1421989981.jpg
posted by こっとん | Comment(5) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

H28.1.10 三浦半島小網代【新年初釣り】

2016 年の初釣行です。

まずは、海の神様にご挨拶。
お神酒を海へ注いで奉納しました。

P1050423.JPG

さて、潮は澄んでいますが、クラドはかなりな量が流れている感じです。
また、ウネリがあって釣りにくい。

水深 26-7m のあたりで、ビシで釣り始め。
しかし、全くアタリません。

潮もほとんど動いていないです。
NS は仕掛けが流れません。

ビシでしばらく釣ってもダメなので、少しマキコボシをしてみましたが、反応がありません。
またビシ釣りへ戻ります。

ハリスを超ロングにしていましたが、クラドのせいで海中は暗いのでしょう。エサが取られません。
ハリスをだんだん短めにしていきます。

何度か短く切り詰めて、ようやくエサ取りの反応が出ました。
そして、グーフーの反応も。

あまり動きが活発ではないようですが、グーフーが居てはたまりません。
移動。少し浅い方へ。

潮が少し動いたので、NS ももう一度。でも反応がありません。渋いです。
しかも、またグーフー。

青物はもういなくなったようですが、グーフー。
もっと浅場に。パーク下へ。

しかし、浅場はエサ取りすら反応がありません。
ちょっと時間を掛けてみましたが、ダメ。
やっぱり深い方へ。

NS は潮が流れないのでムリです。
ビシのみで。

しかし、釣れない。
アタリもないです。
渋い。

ビシの仕掛けを回収していると、少し高目の棚で何かが食い付きました。

グーフー?
引きは、グーフーかも。
途中で軽くなった。
カワハギ?
いや、引きが鋭角な感じじゃない。違う。

ハリスをつかんで引き上げて来ると、紅白の魚体が見えました。
鯛のようです。

P1050424.JPG
(真鯛? 31cm 12:30くらい)


「あれ?
背びれがタイワンダイみたく少し長い?
オデコも出てる?
真鯛じゃないのかな?」

尾びれのフチ取りを確認しました。
色が付いているので、その時は真鯛だと思いました。

しかし、帰ってきてよく見ると、やっぱり真鯛じゃない。

↓尾びれの縁取りが黒くないです。

P1050428.JPG

↓やっぱり背びれが長いです。

P1050430.JPG

↓オデコも少し出ている感じ。エラも鮮やかな赤。

P1050429.JPG

↓黄色い縦線と、一列に並んだ青斑。(この写真はウロコを取った後です)

P1050427.JPG


やっぱりチダイ(ハナダイ)です。
棚が高めだったのも納得です。

判断力がおかしくなっていたようです。
変だと感じたら、やっぱりそれは何かあるんです。
複数箇所を「おかしいな?」と思っていたのに、真鯛だと思い込んでしまっていました。

神様から、贈り物をいただきました。
「心に引っ掛かることがあったら、
 立ち止まって冷静に判断すべし」

ありがとうございました。


13:15 終了としました。

ウネリはありましたが、なかなか良い天気で気持ち良く釣りができました。


↓遊漁船は南の根から向こう側に集まっていました。
カワハギなども、そのあたりに落ちているのでしょうかね?

P1050425.JPG

↓湾内では、漁師さんがメガネで覗き込んで海底の獲物を獲っていました。
つまり、それだけ潮が澄んでいるということ。

P1050426.JPG


反省点など:
・あまりに渋かったので、澄み潮対策の実験の結果が分からない。また試してみる予定。
posted by こっとん | Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H28.1.10 油壺釣果掲示板

FC89FED0-1CE4-4C32-9B6F-87158E411F04.jpg

今日は凪の予報です。
posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

昨年末の釣りで思ったこと

昨年12月20日に油壺で釣って思ったことがあります。

鈎をいろいろ変えても、日の光の下で餌を見ると、どの鈎も鈎の形が透けて見えるんです。「これじゃあ、鯛は喰い付くのためらうよなぁ・・・。」

鈎がこれだけハッキリ見えてるんだから、ビシもかなりハッキリと、アヤシイモノとして見えてるはず。
ビシは離せば良いけど、鈎はねぇ・・・。エサにくっ付いてるし。

澄み潮に○イ○ラシートが効くという話がありますが、多分、鈎の姿をぼやかすという意味なんでしょう。

鈎やビシの輪郭をぼやかす方法ってないのかなぁ・・・。
モノの輪郭をぼやかすということは、どういうことなんだろう?光の進行方向をまちまちにするって言うこと?
ビシをぼやかすのは透明シートくらいにしかできなさそう。シートで覆ったら、コマセが出ないし・・・。

鈎はやっぱり、透明な素材を使う以外に無さそう。そういえば Daiwaさんは、ガラスの鈎に鏡面加工すると見えにくくなるっていう特許を持ってたっけ・・・。

これが安価に素材として実用化されるには何年かかるんだろう?鋳鉄より強靭なガラスだから、鈎にも使えそうだよね・・・。

・・・
・・・
・・・
・・・

・・・そうか!その手があったか!
「ぼやけさせる」んじゃなくて・・・


という訳で、準備しました。この↓鈎を使ってみます。

2016-01-04 23.17.22.jpg

鈎がメインじゃありませんよ。鈎は、効果を高めるために買いました。
2015年の振り返りにもちらっと書いた「澄み潮対策」です。

あそこのエサ屋に売ってるかなぁ?多分、あるよねー。

なぞなぞです。
皆さん、私が何をしようとしているか考えてみて下さい。
生殺しで謎のまま終わります・・・。

次回の釣行が楽しみです。
posted by こっとん | Comment(2) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

【新年恒例】お守りを新たにしました【深川八幡様】

新年恒例のお守り更新です。
深川は富岡八幡様へ、前年のお礼と本年のお願いに上がりました。
今年は少しフライング気味に、2日にお参りしました。

午前10時を少し過ぎてしまい、そろそろ混雑して来そう。

2016-01-02 10.18.35.jpg

昨年も無事に楽しく釣行できたことへのお礼と、今年もみんなが無事に釣行できるようにお祈りしました。

さて、去年に頂いたお守りをお納めしましたが、既にお札納め所は長蛇の列↓。少し並んでお納め。(お納め所に近くなった写真です。本社の横から並んでました。)

2016-01-02 10.31.08.jpg

そして、恵比寿様へもお参り↓。こちらも並んでます。

2016-01-02 10.47.06.jpg


↓今年も、お守りを分けて頂きました。

2016-01-02 21.11.58.jpg

あっ!
間違えました。やり直し。

↓今年も、お守りを分けて頂きました。

2016-01-02 10.39.09.jpg

2016-01-02 12.21.40.jpg
posted by こっとん | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

2015年の振り返り

2015年は、油壺にオオモンハタの繁殖が確認できました。
そして、iOSさんはオニカサゴを釣っています。海流や水温が例年と変わったのでしょうか?魚種に変化が見られました。
また、定置網が再設置されましたが、係留もできず障害物となってしまいました。

さて、昨年と同様に今年の自分の釣りを振り返ってみました。

◆2015 年釣行 20回(油壺19回、大津1回)
 うち4回鯛釣果なし(大津1回含む)
 30cm 以上真鯛:14枚(73cm 1枚含む)
 チャリコ:35枚
 オオモンハタ:34cm 他 計3尾

春先の初釣行(大津)で黒鯛54cm を釣り、その次の釣行=油壺初釣行で 73cm の大鯛を釣ることができて、良いスタートを切れました。
しかし、その後はなかなか良いサイズの鯛を釣ることができませんでした。
課題はいろいろ残ったままですが、澄み潮対策は新たなものを考えています。実験が楽しみです。

油壺全体では中鯛も結構な数が釣れているようですので、やはり何か釣り方が間違っているのでしょう。先入観に捉われずに違う釣り方を試してみたいものです。

今年も一年、無事に楽しく釣りができました。
海の神様と、奥様と、皆様に感謝致します。

参考までに、以下は去年までのまとめです。
◆2014 年釣行 23回(油壺23回)
 うち5回鯛釣果なし
 30cm 以上真鯛:8枚
 チャリコ:31枚
 チカメキントキ:4枚
 アンコウ様☆降臨☆
◆2013 年釣行 29回(油壺29回)
 うち13回鯛釣果なし5回完全ボウズ
 30cm 以上真鯛:36枚
 チャリコ:13枚
◆2012 年釣行 19回(油壺16回+大津3回)
 うち4回鯛釣果なし(大津含む)
 30cm 以上真鯛:22枚
 チャリコ:52枚
◆2011 年釣行 15回(油壺12回+葉山3回)
 うち8回鯛釣果なし(葉山含む)
 30cm 以上真鯛:3枚
 チャリコ:16枚
◆2010 年釣行 17回(油壺15回+葉山2回)
 うち7回鯛釣果なし(葉山含む)
 30cm 以上真鯛:6枚
 チャリコ:25枚
◆2009 年釣行 15回(油壺12回+葉山2回+三浦海岸1回)
 うち10回鯛釣果なし(葉山、三浦海岸含む)
 30cm 以上真鯛:0枚
 チャリコ:10枚


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
posted by こっとん | Comment(2) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

H27.12.20 三浦半島小網代【いなだ いなだ】

早朝だと言うのに環八でパトカーを2台も見かけました。
年末の取り締まりノルマを消化しなければいけないのでしょうか?
これは、スピード注意です。スピード2割減でかっ飛ばしますが、第三京浜入り口の上り料金所スペースを避けるためのカーブは、ついついぬふわkm/hくらいになってしまいます・・・。

さて、風が弱まる予報でしたが、結構な風が残っていました。
午後はベタ凪でしたが、午前中は風が強くなったり弱くなったり。
やはり全く予報通りにはなりません。

超澄み潮です。暗い色の潮です。
しかし、水温は高めのようです。

以前に浅目の水深で大鯛を釣った時も、超澄み潮でした。
そのことが忘れられず、澄み潮だと浅目のポイントで釣ってみようかと思ってしまいます。
しかし、底が見えそうなほど澄んでいるので諦めて、やや沖目へ。水深26〜7mくらい。
風が残っているので、そんなに沖には出られません。

ビシで釣りますが、反応がイマイチ。
1匹目は大サバ。その後ソウダが回ってきました。

ハリスを長くしたり、ビシをステンかごにしたりしてみますが、鯛の反応はありません。
いろいろ試しましたが、釣れる気がしません。

ハリスを少し短めに。1.75号、16m。(ハリス22mで釣ってました)
だいたいの棚へ入れて、仕掛けを回収しようと竿を上げたとき、アタリました!
しかし、青物っぽい。

引きは青物ですが、サバでもソウダでも無さそう。
そんなに走り回りませんし、グングンと段を付けて引きます。イナダっぽい。

P1050416.JPG
(イナダ 9:15)

やはりイナダでした。
閂にしっかり掛かっていたので、1.75号でも取れたのでしょう。
写真でも鈎が閂にしっかり掛かっているのが分かります。

さて、この後も仕掛けをいろいろ換えて試しますが、アタリません。

風が強くなってきたので、浅目へ移動。
低い棚でテンスが釣れましたが、その後エサ取りが上ずって来たので、テンス以外に大物がいなかったと判断。風もおさまって来たので、また沖目へ。

ビシで釣りましたが、なかなか思うようにいきません。
青物も少なめだし、NS 行っときましょうか。

140mくらい流して、餌がない。もっと手前?
120mくらいで引き上げ。ちびホウボウ。リリース。

P1050417.JPG

仕掛けが違うっぽい。多分、鯛が居ても食わない。
またハリスを細く。1.75 号。フロート黒も入れます。
鈎も小針に。

NS 仕掛けをまた流しますが、アタリません・・・。
このひと流しで納竿しようと思っていましたが、コマセがいっぱい残っているので、コマセをドバ播き。

そして仕掛けを流します。
120〜130mくらいで底に着いてましたので、その辺で止めましょう。

片付けしつつ、NS のリールを見守ります。
110mを過ぎ、115mも過ぎました。終わりにしましょう。
竿を手に取ると、スプールが回転。アタリました!

アワセて乗りました。大きめの魚です。
しかし、どうも青物のようです。

・・・青物のようですが、サバでは無さそう。ブルブルしていないし、引きが違います。
イナダか?

ハリスが細いので、慎重に巻き上げますが、何度もなんども糸を出されます。あと30mまで巻いたと思ったら、35mに。ドラグは緩くしてありますが、1.75 号では取れないかも。
ドキドキします。

あと5mになっても、姿が見えません。ボートの下に潜り込んでいます。
サバなどよりずっと頭の良い魚なのは間違いありません。やはりイナダっぽい。でも姿が見えません。

また糸を出されながら、ようやく姿が見えました。イナダです!

糸を出されながら、なんとかタモ入れに成功しました!スリリングなやり取りに、まだ手が震えます。

P1050418.JPG
(イナダ 14:00くらい)

ここで納竿としました。
海の神様、ありがとうございました。

穏やかな冬の凪を満喫しました。

P1050419.JPG


お持ち帰りは、イナダ2尾。

P1050420.JPG

パースで遠近が付いてしまいましたが、ほぼ同じ大きさです。

さて、お腹の中チェック!

1匹目。朝方に釣れた方。アミコマセがほとんどと、沖アミ少々。

P1050422.JPG


2匹目。最後の最後に釣れた方。イワシ?

P1050421.JPG

まだこの近辺にイワシがいるのかなあ?
それとも、消化し掛かってるからどこかで食べてからこの辺にきた群れのイナダ?


反省点など:
・釣りの準備がおろそか。小物の補充とかできてなかった。
posted by こっとん | Comment(8) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H27.12.20 油壺釣果掲示板

49CF8451-015C-415B-8F4D-3BA54322C3D6.jpg

寒い季節になりました。
今年は水温は高めなようですね。

F3412F66-BF26-4A51-B1C7-CE16CD627AAD.jpg

年末年始のお知らせです。
12月27日まで、1月9日からです。
1月2月3月は、土日祝日のみの営業。
posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

【えらいこっちゃ会】

恒例のえらいこっちゃ会忘年会に出席させて頂きました。

これも恒例の抽選会で、COZYさんご提供の商品券が当たりました。
水色のポーチに入っているあたり、細かい心配りがさすがです。

2015-12-13 00.27.03.jpg

嬉しいモノが当たりました。何買おう?
1000円単位でも使えるので良いですね。


そして、HEPPOさん謹製の透明ビシを拝見させて頂きました。
随所に工夫が見られ、膨大なノウハウが溜まっていることが推測されます。

ビシ01.jpeg

ビシの改良は、ビシ釣りする釣り師にとって大きなテーマだと思います。自分でも作ってみたくなりました。

以下、ご参考リンクです。妄想のネタにどうぞ。

↓マダイカゴ20号
http://takamiya.jp/html/item/003/050/item305299.html

↓真鯛ヒラソカゴ20号
http://takamiya.jp/html/item/003/048/item303875.html
http://takamiya.jp/html/item/002/061/item188811.html

↓反転カゴ15号
http://takamiya.jp/html/item/002/061/item188211.html

↓工房浦安のタナトール
http://www.aa.alles.or.jp/~koubou/images/collection/kago-oomono.gif
↓タナトールとBBの組み合わせ
http://www.aa.alles.or.jp/~koubou/images/collection/bb_entoh.gif

↓DMM3Dの素材サンプル。透明なものは難しいかも。
2015-12-13 00.23.58.jpg


・・・そんで、その後。7F → 3F

↓ここで
2015-12-12 22.12.24.jpg

↓キビナゴとか(脂が乗っててウマイ!)
2015-12-12 22.07.53.jpg

↓カキとか
2015-12-12 22.07.59-1.jpg

↓刺身盛り合わせとか(マルアジ絶品!)
2015-12-12 22.11.58.jpg

↓カンパチのカシラとか。
2015-12-12 22.34.19.jpg


久々に飲み過ぎ、二日酔い(宿酔い)です・・・
posted by こっとん | Comment(6) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

H27.11.28 三浦半島小網代【長く長く長く】

久しぶりの釣行です。
忘れ物などないように、リストを作って準備。

前回釣行時と季節も随分違います。服装も冬支度。

さて、衣笠 IC を降りて、某釣具店に入りますと、見知った顔が。iOSさんです。
ご友人を駅まで迎えに行くまでの時間潰しをしているとか。すみませんがお先に。


釣り場での様子は手短に。

水は澄んでいて、色は暗め。
しかし、クラドが流れています。

水中はクラドで暗く、見通しはあまり利かないでしょう。つまり、魚がエサを見つけ難い状況です。
ところが、水そのものは澄んでいるので、エサに寄って来た魚には仕掛けが良く見えるはずです。

クラドの対処としては「目立たせること」ですが、澄み潮の対処としては「シンプル/小仕掛け」で警戒感を持たせないことです。
さらに、青物が周ると「目立つとダメ」になります。
これは、仕掛けの選択が厳しい状況です。


浅場は魚の反応がありません。
やや沖へ。

水深22〜3m程度。
反応がイマイチ。しかもソウダが回遊し始めました。
もっと沖へ。

水深30m。
ソウダ。でも数は少ない感じです。
しかし、反応がありません。
エサ取りはいるのですが、大きいものは反応しません。

ケイムラパターンでもなし。(ケイムラは嫌われてはいないようですが、効き目が薄い感じでした。)

ビシが良く見えていると捉えて、ハリスを思い切って長く長く長くしてみます。
ウネリもあるので、長いと揺れも吸収してくれると思います。

ハリス17m。
タナはだいたいわかっているので、そこへ入れます。

竿先がもぞもぞ。・・・アタリました!
青物ではなさそう。

P1050414.JPG
(マダイ 31cm 11:20くらい)
クーラーに入った写真しかないです。

ハリスを長く長く長くして、ようやく食って来ました。
ちなみに、ハリスは1.75号を17m、鈎は 速手グレ3号と小仕掛けです。ビーズ類は付けていません。

そしてタナは、ビシが底から7mです。
ハリス17mでビシが底から7mって、水中はどんな状況なんでしょうか?想像が難しいですね。

もう一度同じタナへ入れてアタリましたが、青物っぽいヤツが掛かりバラしました。
そして場荒れしました・・・。

それから先は、サバのみ。
13:55終了としました。


おまけ:
ハリスを長く長く長くするのと同時に、ひみちゅ☆アイテムを使っています。
(今回これの効果があったのかは不明ですが、これが無いと釣れないこともあります。)


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
posted by こっとん | Comment(6) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

H27.11.28 油壺釣果掲示板

E9796651-0D46-48B7-9BE1-757ECDE815FB.jpg

2ヶ月振りです。
カワハギ、そろそろですかね。
posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする