2016年07月02日

【お買い物】青龍竿アゲイン

はい、まさかのお買い物シリーズです。
焦らしプレイ中です。

H28.7.1 の釣行で、まさかあんな大釣りがまた・・・
え?私じゃないですよ。
Kagoturiさんのブログの記事をお待ちくださいね。

さて、お買い物です。
青龍竿 舞 270(I)

2016-06-29 23.37.29.jpg

以前、同じ竿を使っていました。
鯛が釣れるようになってきたと思っていたので、少し硬めの竿を購入し、青龍竿は売ってしまいました。

売ってしまって後悔していました。
柔らかい竿が必要になる場面は、やはりあるんです。

某○フオクに新品が出品されていましたので、また買ってしまいました。
まだ使い始めていませんが、ウネリや波っ気があるときには重宝する竿です。
posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

H28.7.1 油壺釣果掲示板

7245207D-B5B5-42C4-9ECB-5C7EF16319A3.jpg

変わりないようです。


47ACC6D2-8DE8-4BB0-AEBF-3E8CCC0D5312.jpg

霧がすごいです。
朝方はボート出せないかも。
posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

【お買い物】お買い物&測ってみました

久々のお買い物シリーズです。

最近、お買い物をしていなかった訳ではありません。
年末のえらいこっちゃ会で頂いた「COZYさん賞」の金券で、いろいろと購入させて頂きました。

まずお針箱。

2016-06-23 23.55.28.jpg

ハリをちまちまとハリケースに入れるのはもう止めました。
最近はハリの袋ごと、お針箱に入れています。

そして、まーべらさんのブログに有った、モリゲンさんの石のビーズ↓。

2016-06-23 23.56.12.jpg

0.1g と書いてありますが、ホントでしょうか?
また、貝のビーズとどっちが重いのでしょうか?

測ってみました。
本来なら、比重を計算しなければいけませんが、とりあえず重さだけです。

↓黒いビーズ(ブルーゴールドストーン)。
10個測って、0.81g です。1個、0.08g くらい。

2016-06-24 00.02.36.jpg

↓赤いビーズ(レッドジャスパー)。
10個測って、0.93g です。一個、0.09g くらい。粒が不揃いです。黒よりも大きいのが視覚的にも分かる気がします。

2016-06-24 00.09.58.jpg

↓比較として、貝ビーズ M。
12個測って、1.47g です。1個、0.12g くらい。石ビーズより重いです。

2016-06-24 00.00.12.jpg

↓貝ビーズ S。
手元に4個しかありませんでした。0.23g です。1個、0.06g くらい。結構重いです。

2016-06-24 00.01.21.jpg

↓ピンクの貝ビーズ S。
17個で 1.09g です。1個、0.06g くらい。

2016-06-24 00.15.13.jpg

↓そして、石ビーズの 6mm も買っていますので、測ってみました。
6個で、1.89g です。1個、0.32g くらい。これは重い。しかし大きい。

2016-06-24 00.11.53.jpg

↓調子に乗って、サルカン9号。
9個で、0.64g です。1個、0.07g くらい。

2016-06-24 00.14.11.jpg

↓赤いビーズ。
15個で、0.22g 。1個、0.015g くらい。

2016-06-24 00.16.28.jpg


シルエット的にも、貝ビーズ M の方が魚に受けると思いますが、黒と赤の色は捨て難い気がします。
使ってみないことには、何とも言えませんね。
posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

H28.6.18 三浦半島小網代【大漁!】

今回の釣行は、一つ野望がありました。
それは、「大アジを釣る」。

5/21 に、某常連さんが大アジ 49cm を釣り上げています。
その時の海の状況から、おそらく今回の釣行も大アジが狙えると分析。
同じポイントへ入りました。

今回はビシと竿マキコボシを使っています。
竿マキコボシで釣れたのは、イサキ1尾のみ。後の釣果は、全てビシです。

ビシ1投目で、タナが低すぎ。
2投目で少し上のタナに餌を置いたところ、アタリました!

2016-06-18 07.16.23.jpg
(マアジ 34.5cm 7:16)

引いた感じでは魚の種類が分かりませんでしたが、アジでした。
やはり、今日はアジが釣れる日のようです。

次の一投もアタリました。

2016-06-18 07.26.43.jpg
(マダイ 36cm 7:26)

この状況、タイも釣れるんだ・・・
そして、その次の一投もアタリました。

2016-06-18 07.36.35.jpg
(マアジ 34cmくらい 7:36)

大アジが2匹も釣れるなんて・・・

そして、小サバが回遊し始めました。
ちょっと邪魔です。

ビシは餌を取られるので、コマセをあまり出さないようにして、少しでも長く付けエサをタナに置けるようにしました。
ちょい長めに、密かに待っていると、アタリましたよ!

2016-06-18 09.42.36.jpg
(マダイ 31.5cmくらい 9:42?)
(訂正です。このタイと下のイサキは釣れた順番が入れ替わってしまっています。イサキの写真を撮っていなかったので、後で撮ったのを思い出しました。マキコボシでイサキを釣った後に、ビシでタイを釣っています。下の写真のイサキが釣れた時間は不明です。)

小サバとイワシがうるさくて、ビシ釣りは厳しい。
竿マキコボシに変更。SET 6m で。

1投目でアタリました!
タイではないが、青物でもない感じ。

2016-06-18 09.43.24.jpg
(イサキ 31cmくらい 9:43?)

この状況、イサキも食ってくるんだ・・・

潮の流れがだんだん早くなって来ました。
マキコボシは仕掛けが流されてしまうので、NG。
ビシに戻ります。

またアタッた!

2016-06-18 09.52.11.jpg
(マアジ 37cmくらい 9:52)

潮が緩んできました。
下げ止まりの時間です。

アタリも、小魚の反応すらなくなりました。
潮が動かないと、エサを食わないでしょう。
パン食べて小休止。

・・・

少し潮が動き出したかな?
ビシで釣ってみますが、反応がありません。

日も高くなったので、ハリスを1ランク細く。
ハリも取っ替え引っ替え。

・・・待ちに待ったアタリが出ました。
でも、メジナっぽい。

2016-06-18 11.47.18.jpg
(メジナ 11:47 リリース)

やっぱりメジナ。
ちょっとポイント変え。

タナを合わせて、アタリが出ました。
よく引くけど、タイじゃない?

2016-06-18 11.58.25.jpg
(イサキ 33cmくらい 11:58)

ちょっとアタリが遠のきました。
ハリスを少し長く。

やはり、アタリました。
またイサキのよう。

2016-06-18 12.09.59.jpg
(イサキ 33cmくらい 12:09)

同じタナでアタらず。
少し上に。
するとアタリ。
またイサキです(写真撮り忘れ)

またアタリが遠のきました。
また少し長く。
やっぱりアタリました。

2016-06-18 12.59.40.jpg
(イサキ 34.5cmくらい 12:59)

こんなにダラダラと1日釣れ続けるのは、ここ最近では珍しいです。

さてさて、もうたくさん釣りました。
捌くことを考えると、早上がりでしょう。

もう一回、仕掛けを降ろして終わりにします。
・・・アタった!

2016-06-18 13.12.58.jpg
(メジナ リリース)

メジナでした。
13:10、終了としました。


お持ち帰りは、タイ2尾と、

2016-06-18 18.58.54.jpg

大アジ3尾と、

2016-06-18 19.02.03.jpg

イサキが5尾。

2016-06-18 19.00.48.jpg


反省点など:
・潮の流れを見るために、コマセを撒いたところ、流れて行くコマセに寄って来てついばんでる魚がいた。
いつものウマヅラとかフグあたりかと思ってよく見たら、青緑色にヒレが黄色。アレ、多分ワカシだと思う。迷い込んだのか、今年は早いのか。
・タイが3尾釣れていたら、三色同刻だったのに…残念。
posted by こっとん | Comment(8) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

H28.6.18 油壺釣果掲示板

CBDC45CA-4A28-46F5-82D6-61A70ACC98C9.jpg
石鯛 53p 3.1kが出てますね〜!
今日も暑くなりそう。
posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

H28.6.12 三浦半島小網代【カタカタぴょん!】

前日は iOS さんが出撃。
美味しそうなサイズのマダイを仕留めています。

そして、小サバが回っていたとの情報を頂きましたので、わたくし、ビシ以外の釣り方を用意して出撃しました。

ボートの列に並んで待っていると、たけちゃんサマが!
久しぶりにお話しすることができました。
相変わらず掴んでいる情報が深く広く、いろいろ教えて頂きました。

さて、今回は事前に計画を立てています。
「てーち網で釣る」
一直線にてーち網へ。

潮は流れている感じ。
クラドが凄く、濁り潮です。
白いロープの色が、海中で膨張して見えます。

まずはビシ。
濁っているので、ハリスはやや太めで短く。

2投目でアタリ!
やった!もう来た!と思ったら、少し走る感じです。

2016-06-12 07.29.52.jpg
(メジナ 7:29 リリース)

メジナでした。
メジナが食ってくるタナということは、タイはもう少し下でも良いかな?

少しして、仕掛けを回収しようとするとアタリました!
よく引きますが、小さい。
・・・カワハギでした。(写真を忘れました。22〜23cmくらいのオス)

そしてまたしばらく釣っていると、ガツンとアタリ!
グングン引いてる!

「おー!やったか?」
「・・・あれ、軽くなった?」

ハリスがスッパリ切られています。
「フグだ・・・」

仕掛けを目立たないようにしてみましたが、ハリを盗られる・・・。

場所を少し変えました。
てーちから離れました。

2〜3投しても反応がイマイチ。
4投目くらいから、餌取りの反応が出てきましたが、タナらしきところに餌を置いても何も食わず。

しばらく釣りましたが、ダメっぽい。
少し潮が流れてきた気がします。
時間も空いたし、フグはもう大丈夫かも。

てーちへ戻ります。
ボートの位置は少しずらします。

何やら、海中に泳ぎ回る小魚が見えます。
イワシが回遊しているようです。
ビシには小サバが掛かります。

ここで、竿マキコボシの出番です。
マキコボシている時の、竿先が「カタカタカタカタカタ、ぴょん」と動く様はなかなか面白いものです。

一投目、セット6mですが、餌がなくなります。
少し上?セット7m。

アタリました!
結構引きます!
・・・が、また泳ぎ回る感じがします。
しかし、大きい感じ!
少し苦労して取り込みました。

2016-06-12 10.33.49.jpg
(メジナ 38cmくらい 10:33)

なかなかのサイズのメジナでした。
これなら食べても美味しそう。キープしました。
(写真がいい加減でスミマセン)

メジナじゃないものが釣りたいので、ロープの長さを少し調整。
少してーち網に近くしました。

場を休ませるようにゆっくり目に準備して、またカタカタぴょん!
またアタリました!

・・・また走ってる・・・。
しかも小さめ。
22cmくらいのメジナでした。

ハリを外して手に持つと、暴れて鋭いヒレが指先に当たり、怪我をしました。
そしてそのままメジナちゃんは海へ。
オートリリースでした。

また少しロープを調整。
今度はいっぱいいっぱいまで延ばし、てーち網から離れ気味にしました。

しかし、なかなかアタリません。
潮の速さが少し速くなったようで、仕掛けが流されます。

オモリを入れます。
中通し0.3号。

仕掛けをタナでステイし、少し長めに待ちます。

おっ!アタッた!
ガッツリ食い込みました。

引きがタイっぽい。
でもそんなに大きくない。

姿が見えました。
タイのようですが、やはり小さいです。

2016-06-12 11.35.39.jpg
(チャリコ 24cmくらい 11:35)

ハリを飲まれています。
タイはそんなに釣れなさそう。キープしました。

もしかしたら、もう少しイケるかな?
しかし、同じタナでは食いませんでした。

ちょっとタナを下げてダメ、さっき釣れたタナよりやや上にしてみてどうかな?
おっ!またアタッた!

2016-06-12 11.57.09.jpg
(チャリコ 24cmくらい 11:57)

またハリを飲んでいます。
食いは良いようです。
またキープ。

しかし、それから釣れません。
細かいアタリがあったりしますが、釣れません。

潮の速さがまた少し速くなりました。
オモリを交換。
でも釣れない。

ハリも取っ替え引っ替えですが、ダメ。
潮の向きも変わり、また速さが遅くなったり。
なかなか難しい。

釣れなくなりました。
ウネリも少し入り始めました。
時間も良い時間です。
終わりにしましょう。

14時、終了としました。


お持ち帰りは、チャリコ2匹とメジナ1、カワハギ1でした。
マキコボシも楽しい!
posted by こっとん | Comment(8) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

H28.6.12 油壺釣果掲示板

EDC4BC23-D0D8-4FD1-AB66-08AAC35B7BF2.jpg

アオリが良いようです。

昨日は、iOSさんが真鯛を仕留めています。
今日も暑くなりそうです。

posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

H28.5.28 三浦半島小網代【また花鯛】

また凪でした。
温暖化が進み、天候は今後は激しくなることが予想されます。凪の日も少なくなってくるでしょう。

最近の油壺は、大潮周りで 1日の潮の変化が多く、小潮では一方行に流れ続けることが多いようです。
しかし、この日は小潮でしたが、潮の変化がありました。

さて、前回、前々回と、釣り方をいろいろと試してみて、どれも中途半端になってしまいました。
その反省から、釣り方を絞ることにしました。

「ビシか NS どちらか」というつもりで釣行しました。
ビシでいけそうならビシ、ビシが無理なら NS で。

ほとんど凪いでいましたので、1日ビシのみで通しました。

ボートを出すと、浅いところには赤潮がちらほら見えました。
マリンパーク下も赤潮がうっすらと浮いており、浅場は厳しそう。
まずは深めの沖のほうへ。

結構な沖でも、水面の様子がおかしい感じ。
水深があるので、とりあえずやってみます。
水深30m弱くらいのところで。

水は澄んでいますが、クラドはたくさん流れています。
これは難しい釣りになりそう。
いきなり細めの糸で、ハリも小さめから開始。
目立たせるのと早い潮の流れに負けないように貝殻のビーズを入れます。

1投目で、棚が低そうなことがわかりました。
2投目で、だいたいこの辺かな?という棚へ。
すると、いきなりアタリました。

潮が速くてビシが引きずられ、魚の大きさが良くわかりません。
姿が見えて、思ったより小さいことにびっくり。

2016-05-28 07.28.18.jpg
(チャリコ 23〜4cmくらい 7:28 リリース)

リリースしましたが、魚の反応が無くなりました。
取り込みでちょっと遊ばせすぎましたし、リリースしたことで他の魚の警戒レベルが上がったのでしょう。
少し移動です。

棚の深さはだいたいわかりましたが、反応があまり良くないようです。
エサ取りの反応はあるので棚は取れるのですが、タイの棚と思しきところへエサを置いても、食って来ません。

水が澄んでいるので、ビシやハリが良く見えるんでしょう。
ハリをいろいろと交換。

しかし、アタリが出ない。
しばらくハリとビーズを取っ替え引っ替えしましたが、アタらない。

貝殻ビーズ白を2つ入れていましたが、そのうち一個を黒に。
警戒心が少し薄れるでしょう。

やや長待ち。
・・・食いました!がっつりアタリ。

しかし、引きが鯛じゃないような・・・?
下に引くけど???

結構底の方から姿が見えました。やっぱり「澄み潮」と考えたほうが良さそうです。
姿は鯛のようですが・・・。

2016-05-28 08.53.17.jpg
(花鯛 30数センチ? 8:53)

ハナダイ(チダイ)でした。

群れで居るとは思うのですが、底付近で遊ばせてしまいました。
今、他の魚を釣るのは難しそう。
移動です。ちょっと潮上に。

なかなか釣れません・・・

北の方へ大移動。
旧旧定置網の跡あたりへ。

潮の流れが若干緩めになり、向きも少し変わりました。
ビーズを軽く。
ビシの棚も調整。

ぼーっと竿先を見ていると、いきなりアタリました!
大きさがよく分かりませんが、小さいのかな?

2016-05-28 10.08.51.jpg
(チャリコ 23〜4cmくらい 10:08 リリース)

またチャリコです。
しかし食いは良く、ハリを飲んでいます。
1匹目のチャリコも、ハナダイも、このチャリコもハリを飲んでいます。
餌を吸い込んで飲み込もうとしたということは、食いは良いハズ。
しかし、この後アタリません・・・。

潮の流れもゆっくり目になったり、2枚になったりしています。
向きも変わる。

釣れないまま、時間が過ぎます。
そよ風程度で凪、うす曇りでたまに日差しがあるという、過ごし易く気持ちの良い天気です。
ボートを浮かべているだけでも来た甲斐があったというものです。

終盤間際、潮が流れ始めました。
魚の活性も上がってきているようです。
しかし、鯛は食ってくれない。

ハリの色を変え、ビーズの重さを調節し、蛍光グッズも交えて取っ替え引っ替え。
ハリスも長くしたり細くしたり。
しかし、食ってくれない。

もう時間がありません。
最後にハリだけ変えて一度仕掛けを降ろして終わりにしましょう。

・・・残念、食いませんでした。

14:20 終了としました。


お持ち帰りは、ハナダイ1尾。


反省点など:
・澄み潮+クラドは難しい。目立たせて、且つ違和感なく食わせるって・・・。
・釣り方を一つに絞り、それだけ考えて対処するのは、きっと難しい状況のときに有効。
・ビシは結果が出るのが早いのですぐ次の手を打てる。状況が難しい場合には合った釣り方かも。でも NS のアタリの快感はとっても魅力。マキコボシも結果が早くて「カタカタぴょん」は面白いけど、アタリがやや繊細で微妙。どれも甲乙付け難し。次回は「カタカタぴょん」かなぁ・・・。
posted by こっとん | Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

H28.5.28 油壺釣果掲示板

2016-05-28 06.10.12.jpg

湿気でちょっと見にくいですが、アジ49cmなどなど。
posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

H28.5.21 三浦半島小網代【初夏の凪】

はい、こっとんです。
なかなか盛況で、混み合っていました。

海況は、クラドが多く濁り潮。
そして、午前中はなぜかアタリすらなく・・・

イソメ鯛仕掛け、NS、ビシ、浮き流しといろいろ試してみましたが、当たらず。
浮き流しの回収で、大物が食ったようでしたが、ハリス切れ。どうやら大きなフグのよう。
それ以外は小物っぽい反応がごくたまにある程度。

ボウズかも?
これはいかん!
ビシ一本に絞り、本気のビシ釣り。

お昼前後から時合いになったようで、アタリが出始めました。
はじめのアタリはビックリ合わせでスカ。

少し後にアタリ。
合わせて乗りましたが、ハリ外れ・・・。
がーん・・・。
この場所はもうダメかも。移動。

また少し後にがっつりアタリ。

2016-05-21 13.09.23.jpg
(マダイ 34.5cm 13:09)

ようやく一枚。

その後もまったり。
超べた凪で、穏やか。
浮かんでいるだけで気持ちが良い。

・・・少し風が出てきました。
これで終わりにしましょうか。
と、仕掛けを上げて片付けに入ろうとしたら、ぴーさんが引き上げるところで途中で寄ってくれました。
私も片付けして上がりました。


同じくらいのマダイが結構上がっていたようです。
また、大アジが上がったとか。
ぴーさんも同じくらいのマダイと、一回り小さいマダイ+カワハギ。
(ぴーさんのアレ、サクラダイで合ってますか?イッテンサクラダイ?)


お持ち帰りは、マダイ1枚と、なぜかタコ。
タコが柔らかくて美味しかった。
タコが一番の獲物。ありがとうございました。

2016-05-22 22.40.22.jpg
posted by こっとん | Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

H28.5.13 三浦半島小網代【虻蜂不取】

GW の代休で油壺へ。
当初の天気予報は悪かったのですが、だんだん良い予報になりました。

今回の釣果は、たまたま釣れたカワハギ以外にありませんので、簡単に書きます。

テンヤで試したいことがあり、テンヤの準備をしました。
軽めでハリが小さいテンヤを自作しましたので、これを試してみました。
作ったテンヤは、2号から5号。
潮の速さから、4号5号あたりがメインとなりました。

午前中は風が全くなく、流し釣りも流れないくらい。
少し使ってみて、課題が見えました。

テンヤだけでなく、ビシと NS の竿も出してみましたが、いっぺんに2本も3本も違った釣り方の竿を出していたので、どれも中途半端になってしまい、ロクな釣りができませんでした。

ビシもハリスもほとんど交換せず、ハリ選びも適当。
NS の重さ調節も、考えてやったとは言い難いという結果になってしまいました。

で、釣果はテンヤと NS でカワハギ1枚ずつ。
21cm くらいのが2枚です。

2016-05-13 23.01.58.jpg

テンヤで釣った方はこんな↓感じ。

2016-05-13 08.19.42.jpg


細糸を巻いたリールがスピニングしかなかったためスピニングを使いましたが、フォール中のアタリが取りにくく、やはり両軸の方が良いと思いました。

テンヤそのものの作りの課題も見えましたので、釣行が全く無駄という訳ではありませんでした。
気持ち良い凪の日にボートを浮かべられただけでも満足です。
またテンヤをいそいそと作ります。

クラドが多く、またスズキ(フッコ)と思われる魚が水面で集団で狩りをしており、そのせいか鯛の反応はイマイチでした。
クラドは多いですが、午後は青いハリが魚に好まれていたようで、海中は暗いけど、餌に近づけば仕掛けがよく見える、という難しい状況だったように思います。
ケイムラも一時的に反応が良かったりしましたが、PE 真鯛色は午後は嫌われていました。
ご参考にどうぞ。
posted by こっとん | Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

H28.5.13 油壺釣果掲示板

FAB7FAEA-EBA8-4FE8-B32A-11CD6E23BDC0.jpg

ヒラメが良いですね。
イカも釣れてます。
posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

H28.4.23 三浦半島小網代【花鯛】

いつもの釣具屋でエサを調達。混んでる・・・。
天気も良さそうなので、釣り人が多いんでしょう。

釣具屋を出て油壺の駐車場へ向かっていると、後ろを走っている安全運転な車に見覚えが・・・
駐車場に着くと、やっぱり tiidaさんでした。

ぴーさんは既に到着して、準備完了しています。
iOSさんはご友人と一緒とのことでしたが、出船までには来ていませんでした。
人が多くてボートがなくなりそうでしたが、残り2〜3艘で乗れたとか。良かったですね。

さて、出船して潮を見てみると、やっぱり澄み潮と言っていいでしょう。
浅場は辛そうです。
定置網の開始部あたりへアンカリング。

潮がほとんど流れていないように見えます。
NS は無理そうなのでビシで。

ハリス2号、鈎はPE真鯛6号から開始しましたが、反応がよろしくありません。
鈎はもう一段小さく。
静かに長く待たなければいけない感じはしますが、反応があまりなく、判断に迷うところ。

長く待って、仕掛けを回収しようと巻き上げていたところ、何やら食い付きました。
引きが良く、大きいモノのようですが、結構高いタナで食ったようなのでフグかな?と思っていました。

でもフグにしては引きがパワフルです。
念のため慎重に引き上げて来て、姿が見えました。
あれ?タイだ!しかもちょっと大きめ。

2016-04-23 08.48.06.jpg
(ハナダイ 39cm 8:48)

真鯛ではなく、花鯛のようです。
しかし、こんなサイズの花鯛は見たことがありません。
やたら元気で、ボートに引き上げてからも暴れまくりでした。

NS 仕掛けもちょっと流してみていましたが、やはりほとんど流れず、しかも2枚潮です。
しばらく放置していた仕掛けにタマガシラが掛かっていました。

花鯛をちょっと暴れさせ過ぎたようです。
ビシ仕掛けへの反応が無くなりました。
移動します。沖の方へ。

またビシで。
餌取りの反応が活発になってきました。
タナは分かりやすくなりましたが、タイの反応はあまりありません。

もっと小針にしたり、ハリスを長めにしたり細くしたり。
しばらくいろいろ試しましたが、あんまり釣れる気がしません。

潮が少し流れ始めたようです。
NS を流してみます。

ちょっと流して回収。
ん?何か付いてる?

2016-04-23 11.46.01.jpg
(チャリコ 22cmくらい? 11:46 リリース)

チャリコがかかっていました。
魚の活性は上がったようです。

南からウネリが少し入り始めました。
南風の予報ですので、風が吹いてくる前兆でしょう。

持ち帰る獲物があるためか、判断が少しおかしくなってきました。
ハリスの交換も億劫になって、同じハリスを使い続けています。
自分でもおかしいことはわかるのですが、気力がなくて同じ仕掛けを入れ続けます。

しばらくして、南風が出てきました。
ウネリも大きくなってきました。
惰性で釣っている感じでしたが、上がりましょう。


お持ち帰りは、ハナダイ 39cm とタマガシラ。
(ちょっと冷やしすぎて目が白くなってしまいました。)

2016-04-23 18.46.11.jpg


帰り道、途中でぴーさんの車の3台後ろになりました。
裏道に入るのが見えたので後に続きましたが、速い速い。
あの大きさの車であの速さ。
すぐに見失いました。

そして環八は渋滞する時期になりました。
「これくらいの渋滞なら裏道じゃなくても良いか」と考えてそのまま環八を走っていましたが、渋滞がだんだん酷くなる…
裏道に入れば良かった。
GW は外出を控える気になりました…
posted by こっとん | Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

H28.4.23 油壺釣果掲示板

2016-04-23 14.34.56.jpg

遅れ馳せながら、釣果掲示板です。
posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

H28.4.16 三浦半島小網代【そろそろいい感じ】

約3か月ぶりの釣行です。
前日の予報は、風が強くなる予報。
全く行く気はありませんでしたが、iOS さんからのメールでちょっと行く気になりました。

夜中の予報は少し良くなった感じでしたが、まだ風は出そうでした。

朝起きて予報を見たら、なんか予報が良くなってる。
ん〜・・・
行きますか・・・

ゆっくり目だったので、既に環八が混み気味。
高速に乗ると、気持ちがはやり、ついついスピードが上がってしまいます。

いつもの釣具屋でエサを買い出し。
店を出ると、隣の車は見覚えのある車のような?でも、iOS さんいない?
・・・と思ったら、声を掛けられました。やっぱり iOS さんでした。

そんなことがありつつ、久々の出船です。
凪いでいて、気持ちが良い。
tiidaさんのブログにもありましたが、岸を離れるときは、とっても気持ちが良いです。
水が澄んだときは海の底もよく見えて、緑が多い景色が素晴らしいです。

さて、ささ濁りかと思ったので、浅場で少し釣ってみることにしました。
春なので魚も敏感だと思われましたので、水面からタナ取りしてタナを下げていきますが、気配がない。
しかも、すごい2枚潮。

もっと沖へ。
やっぱり反応が今ひとつ。

もう少し沖。
だんだん潮の色が変わって、濁りが取れてきています。
水面からタナ取りしていましたが、一度だけ沈めて水深を測り上からタナ取り。

ハリス2号8mで、蛍光ビーズと貝のビーズ M とビーズなしとで試してダメ。
貝のビーズ S を付けて、ハリは少し小さく。

どうかな?
・・・来ました!アタリました!
そんな大きくないかな?でも元気です。

2016-04-16 08.22.01.jpg
(チャリコ 26cm くらい? 8:22)

元気な引きで、楽しませてくれました。
もう一度、同じタナへ入れてみましたが、タナが上がって来ている感じ。
久々だったので、少し遊ばせ過ぎて場が荒れたのもあるでしょう。

ここは諦めましょう。
また少し沖へ。

沖の方はささ濁りどころでなく、結構澄んでいます。
ハリス短めでしたが、ちょっと長く。2号10m。

なかなかアタリません・・・。

イワシが回遊し始めました。
明るくなってきたので、もっと小針に。

静かに待っていると、竿先がガクガクと揺れました。
すかさずアワセ。

乗りましたが小さいです。

2016-04-16 09.19.25.jpg
(チャリコ 23〜4cmくらい? 9:19)

ハリを飲んでしまったのでキープしました。

同じタナに入れますが、アタってバラし。
ハリが外れたようです。

ここももうダメでしょう。
少し沖へ。

日も出てさらに明るくなって来ました。
ハリがエサの中に透けて見えます。
これでは食わないでしょう。

ハリを白いものにして、エサはボイルオキアミに。
これでハリは透けませんし、エサに一体化しています。

さて、どうだ!

はい、来ました!
元気な一尾です。

2016-04-16 09.54.41.jpg
(チャリコ 27cm 9:54)

しかし、後が続かず。
ボイルオキアミは食いが悪いのですが、エサ取りも遠慮せずに食ってはくれます。
しかし、生オキアミの方が魚の反応は良い。

ボイルと生と取っ替え引っ替えしたり、混ぜたりしましたが、あんまり変わらない。
生の方が反応は良い。
磯釣り師がするようにボイルに味を付ければ、もっといい線行くかも知れません。

さて、潮が緩くなって来ました。
魚の反応が薄くなり、釣れなくなりました。
しかも、フグがいるような気配。

また少し移動。
やっぱりフグがいるっぽい。

風が少し出てきました。
岸寄りへ。
しかし、反応なし。

凪いでいて天気も良く、気持ちは良いのですが釣れません。

また少し風が出たので、少し岸寄りへ。
iOS さんは先週テンヤで釣れた辺りへ行くとのこと。

私も釣れないので、定置網の開始部分へ行こうかと思い、ボートを移動させます。

ヤギ瀬の沖の定置網開始部分の並び辺りで、ちょっと気になる感じがしました。
iOS さんが釣っている少し岸寄りです。
この辺りで釣ってみます。

ハリスは 1.75号まで落としていましたが、そこまでいらない感じでしたので交換。
まずはビシだけにして水深を測り、2号10mを結びました。

潮は少し流れてきたようです。
しかも、2枚潮が解消されて来ている模様。

NS を少し流しつつ、ビシで。
なかなかアタリはありません。

NS も、ハリを替えてみたり色々しましたが釣れません。
こんな↓ふうに、ケイムラは頭だけかじられますので、若干嫌がられています(写真下)。
PE 真鯛系は敬遠されていますが、エサ取りはまんべんなくかじってくれるようです。ハリが大きいのかも知れません(写真上)。

2016-04-16 13.27.53.jpg

ビシの方は静かに待つ方針でしたが、ちょっとだけビシを上げてエサを撒いてから待つことにしてみました。
ビシを動かしているので、魚が寄るまで長く待ちます。

アタリが出ました!
ちょっと大きめかも!
どうやら、長めに待つ必要があるようです。

2016-04-16 13.29.14.jpg
(真鯛 35.5cm 13:29)

そろそろ良い時間です。
既に4匹キープしていて、獲物は十分です。
しかし、もう一回がやめられません。

惰性で2〜3回仕掛けを下げてしまいました。
ここらで終わりにしましょう。
海の神様、ありがとうございました。
今シーズンもよろしくお願いいたします。


お持ち帰りは、真鯛 35.5cmと、チャリコ3匹。

お腹の中は、みな消化し掛かってドロドロでわかりませんでした。
35.5cm のやつは、白子か真子かわかりませんが、小さいのがありました。

2016-04-17 18.16.19.jpg

そして衝撃!
3匹目に釣れたやつは、タイノエにハリ掛かりしていて、口から出ない大きさのタイノエだったので釣り上げられたようです。
しかもタイノエ2匹で2匹とも卵持ってるし。

2016-04-17 18.25.15.jpg

posted by こっとん | Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする