2013年08月05日

【シャクリ真鯛計画開始】魔界へ・・・

こっとんです。

今後の鯛釣りの方針として、「ビシマ」に加え、「鴨居式シャクリ真鯛」を試す事にします。

方 針
目的:青物の多い時期、青物をかわして鯛を釣る。
1.ビシマ
 油壺に合うビシマの探求
 課題は、着底感を取ること。とりあえずやる事は、ハリス9m の仕掛けを作成して試す。
2.鴨居式シャクリ真鯛
 まずは、釣法そのものを試すこと。

方針は決まりました。
「鴨居式シャクリ真鯛」について、詳細を調べました。
故 服部名人の著書「海釣り大事典」などを見ました。

竿は、先調子 1.8-2.1m 程度、道糸 PE3-4号、リールは両軸。ハリス3号。
この辺はあるものを使います。

鋳込み天秤 30 号、テンヤ2-4号。
この辺は足りないものです。

そして、魔界へ・・・

グローブライドさんのお膝元のキャスティングへ。

おっ!テンヤが10%OFFだ!
でも、豆サイズのテンヤはあまり無いな・・・。

天秤は、と。
シャクリ真鯛用の天秤があるんだ・・・。
腕が少し短か目なんだ・・・。

買いました。

P1030918.JPG

道糸と天秤の接続用のサルカンは、ハワイアンフックにしました。
お値段安目で強度があります。

実は、買ったのはこれだけでは無く、テンヤをもっと買っています。


さて、「鴨居式シャクリ真鯛」について
竿は、極先調子のものを使うようです。
これは、鯛の固い口にハリを貫通させるアワセをしっかりと入れることができる、固い竿が必要だかららしいです。
道糸に鋳込み天秤30号を付け、ハリスは3号3m 。
テンヤ2号を結びます。

2013-08-04 22.04.20.jpg
(服部善郎 著「海釣り大事典」廣済堂出版 1998年 より抜粋)


釣り方としては、中オモリ(鋳込み天秤)が着底したら、ハリス分+30cm くらい巻いて、底をテンヤが漂う感じにするらしいです。
そして、ゆっくり竿を立てて誘いを掛ける。


道具立てとして使用しようとしているのは、以下のものです。

竿:Daiwa HX カワハギ 180
リール:ミリオネア ICV 250 (PE3 号 100 200m)

次回、これで試し、さらにカワハギ竿を持参するので、カワハギも釣ります(^_^;



↓二兎を追うものは一兎をも得ずf(^_^;

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
posted by こっとん | Comment(2) | TrackBack(0) | 鴨居式シャクリ真鯛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする