2016年07月29日

【iOS通信】私、神奈川県栽培漁業協会の賛助会員です

こんにちは。iOSの常連です。
「iOS通信」を始めました。

第一回目は、神奈川県の栽培漁業の事情です。

神奈川県は海あり県です。
漁業は重要な産業のひとつです。

しかし、漁業資源は限られていますので、稚魚の放流が行われています。
神奈川県下では、公益財団法人の神奈川県栽培漁業協会さんが放流事業を実施しています。

神奈川県栽培漁業協会さんでは、賛助会員を募集しています。
そして、私も賛助会員です。

賛助会員には、毎年、会報が送られてきます。
会報には、事業計画が記載されています。
下の写真が会報です。

2016-07-09 16.09.17.jpg

「栽培漁業」っていうのは、簡単に言うと、ある程度の大きさまで育てた稚魚や稚貝などを放流することです。
小さいうちが一番、淘汰されやすいので、ある程度育ててから放流して淘汰される率を減らそう、効果的に放流しようという考え方です。

マダイやマコガレイ、アワビ、カワハギなどの漁業資源を育てたり、配布したり、放流したりしているんですね。
上の写真の中の写真は、マダイの養殖生け簀から、放流のためにマダイの稚魚を船に積み込んでいるところです。

写真をよく見てください。

写真の中の記事の写真に写っているのは、シーボニアの堤防ですね。
そうです。マダイの養殖生け簀は、小網代湾の中にあるんですね。

下の写真にも、小網代湾の堤防が写っています。

2016-07-09 16.09.39.jpg

神奈川県栽培漁業協会さんは、城ヶ島に事務所があるようです。
波や風の害が少なく、事務所に近いところに養殖生け簀を設けているんですね。

もちろん、城ヶ島でもいろいろ養殖しているようです。
やりがいのあるお仕事ですね。


魚の一番の天敵は、釣り人のようです。
漁獲量の半分以上は、釣り人によるものです。

皆さんも、神奈川県の栽培漁業に賛同いただけるなら、ぜひ賛助会員になってくださいね。

iOSの常連でした。

==========

はい、こっとんです。
iOSさん、ありがとうございました。

iOSさん、次回も釣行日記お願いします。
サクッと大物を釣っちゃって下さい。










はい、「iOS通信」開始はもちろんウソですよ。
iOSさんが書いてるんじゃないですよ。

前回の釣行日記も、iOSさんが書いてる訳じゃないですw
posted by こっとん | Comment(2) | TrackBack(0) | iOS通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
iOSさんも会員?
ホントですか〜。後からこっそり入会して辻褄を合せようなんて思っていませんか(笑)

あれは真鯛の生簀だったのですね。それで生簀近くで放流直後サイズの真鯛が釣れるのですね。

他の方にも賛同していただけるといいですね。

それではまたお会いしましょう。



Posted by i こっとん at 2016年07月30日 19:02
i こっとんさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

会報で神奈川の漁業の現状がわかったりするだけでも、価値があると思います。
皆さんにも是非、賛助会員になって欲しいです。

またよろしくお願いします。
Posted by こ iOSの常連 at 2016年07月30日 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440555343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック