2013年07月09日

SLSカルカッタ3000の電池交換

えー、こっとんです。

電池交換シリーズです。

シマノ SLS カルカッタ 3000 の電池を交換しました。

あらかじめお断りしておきますが、完全に交換前と同じ状態には戻りません。

何が問題かと言うと、SLS カウンタ部分は、中を開けられるように出来ていないようで、無理矢理こじ開けるしかありません。
で、接着剤で貼付けて元に戻します。

それから、電池ですが、CR2330のピン付きです。
なかなか入手が難しいかと思いますが、有るところには有ります。
送料が掛かってしまうのが難点ですが、通販で有るので探してみて下さい。


さて、以下は交換手順です。

まず、リール本体を分解して、SLS ユニットを取り出します。

P1030574.JPG

SLS ユニットの裏にシールがあり、その下にネジがありますが、このネジは飾りネジです。
ネジを外しても、ユニットのフタは開きません。

ユニットのケースのフタを開けるには、つなぎ目にカッターを入れ、切って行く必要があります。
下の写真を見て、どれくらいカッターを入れたら良いか判断してみて下さい。

カッターで切り離すと、下の写真のようになります。

P1030575.JPG

電池は基盤の裏側にあります。
ネジを外して基盤を取りましょう。
その前に、下の写真の赤い矢印部分にある「バネ」2つを無くさないように取っておきましょう。

P1030576.JPG

上の写真の黄色い矢印の部分にあるネジ(4箇所)を外せば、基盤が取れます。
基盤が取れた状態が、下の写真です。

P1030577.JPG

液晶部品にサビが入っていました。
電池がある側をよく見て、電池の方向などメモしておいて下さい。

電池はハンダ付けされているので、ハンダごてで古い電池を外して、新しい電池をハンダ付けします。
下の写真の赤い矢印部分(2箇所)が、電池がハンダ付けされている部分です。
ハンダごてで温めて、ハンダ吸い取り線などでハンダを取り除きます。

そうすると、電池が取れます。

P1030578.JPG

電池を取った状態が、下の写真です。

P1030579.JPG

さて、新しい電池の足を基盤に差し込み、ハンダ付けできるように足を折り曲げます。

P1030580.JPG

足を折り曲げたら、ハンダ付けします。

P1030582.JPG

上の写真が、ハンダ付けしたところです。
ハンダ付けしたら、ケースに組み上げてみます。
外したバネを組むのを忘れないで下さい。

仮り組みしたら、電源を入れてみます。
電源が入ればOKです。

ケースとフタを瞬間接着剤で接着します。
水が入らないように、まんべんなく接着して下さい。

以下は、接着剤を付けて固定してある写真です。

P1030583.JPG

接着剤が乾けば、電池交換は終了です。

設定が全部吹っ飛んでいると思います。
プログラマを使用して、糸巻き量の設定をもう一度して下さい。

ここで分解している SLS カルカッタ 3000 は、この記事で触れたタックルベリーに売却したものです。
買い取り値の6倍以上の値段で売られていました。


↓SLSカルカッタ3000は、今でも人気があるようですね。
にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
posted by こっとん | Comment(5) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは はじめまして カルカッタ3000の電池交換で検索したところ引っ掛かりお邪魔させて頂きました CR2330ピン付探しておりますが中々みつかりません もしよろしければ購入先教えて頂けませんか?よろしくお願い致します。
Posted by 山崎保実 at 2013年11月12日 10:58
先ほどコメントさせて頂いたものですが*ブログオーナーが承認したコメントのみ表示との゜ことですので連絡用のメールアドレス載せておきます ご連絡頂けると幸いです よろしくお願い致します。
Posted by 山崎保実 at 2013年11月12日 11:02
山崎保実さん、こんにちは。
後ほどメールにてお知らせ致しますね。
メールアドレスは、ブログには表示されませんので、ご安心ください。
Posted by ブログオーナー at 2013年11月12日 20:21
こっとん様こんにちは ご連絡ありがとうございました(^O^)とっても参考になりました メアドの記載の件も無知でスイマセン(;^ω^)無事交換出来た際にはコメントさせて頂きます お身体大事に頑張って下さい。
Posted by 山崎保実 at 2013年11月13日 10:12
私はSLS真鯛スペシャルGT3000を持っています。確か、部品の供給がストップするとの事でユニットごとメーカー交換して貰いました。3週間ほど前、兄と弟(3兄弟で私は真ん中)もSLS2000を持っています。勿論、電源なし。ネット検索して「こっとん」さんのHPを発見、電源は入ってもカウンターが上がらない0のまま、「プログラマを使用して・・」で復活審しました。ありがとう。使うことはないと思いますがあと2台の電池交換と設定をしたいと思います。復活したのも丁寧な解説のお陰です。ありがとうございました。感謝・感謝です。
Posted by 釣りばか野郎 at 2017年04月01日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368567094
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック