2018年06月23日

H30.6.22 油壷釣果掲示板

B3C41889-D701-4864-962C-5BD84BA0F174.jpg
15時の時点です。
アオリが上がったようです。

漁協の総会は、6月26日だそうです。
休業日になるかと思います。
posted by こっとん | Comment(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

H30.6.17 油壷釣果掲示板

93F19459-9630-4D09-AF7C-F77C4E5CD143.jpg

15時時点です。
posted by こっとん | Comment(1) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

【ご参考】H30.6.2の魚探画像

先週(2018/6/2)に、魚探のソフトに大きい魚が回遊しているのが記録できてました。(記録の見方を今日まで知りませんでしたw)
6/9にiOSさんと話をして、iOSさんも同じ様に6/2に大きい魚が3匹魚探に映ったと言っていましたので、ご参考に情報を記事にしておきます。(こいつらが今でもいるかどうかは分かりません)

下の画像は、マリンパーク沖水深24mくらいです。
水深20m前後を、4匹の魚が回遊しています。魚マークの上の数字は水深です。(簡易モード+フィッシュアラームモードなので、画像からは魚の大きさが判定できません。「大きい」と判断しているのは、魚探は深い方が精度が荒くなるのに魚として認識できていることからです。)
IMG_0046.PNG

そのすぐ後、2匹の魚が底から1mくらいを回遊。その後また4匹(上の群れと同じ群れではないかと思います)。ちなみに、このときボートは移動中でアンカリングはしていません。
IMG_0047.PNG

4匹の群れは、底から4〜5mあたりなのでブリ/ワラサ系だと思います。
底から1mくらいの魚はよく分かりませんが、鯛か何かと思います。
posted by こっとん | Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H30.6.9 三浦半島小網代【なぜか渋い】

潮回りから梅雨イサキが狙えるんじゃないかと思ってイサキ/大アジ狙いで例のあたりへ行きましたが、なんか反応が悪い感じ。

ウネリも結構あるので、ビシ釣りには厳しい状況です。
でも、潮も動いてない訳じゃないし、流れる向きもイサキ/大アジが釣れてもおかしくなさそうです。

エサ取りはすごく反応するけど、大きなものは食って来ない・・・。釣れなさそうな雰囲気だけど、潮が動いてるし・・・。
うーん・・・。

・・・と、未練がましくイサキ狙いをしていましたが、アタリすらなく時間だけが過ぎていきます。
11時を回り、さすがにボ○ズの気配がしてきましたので、ポイントを変えてみることにしました。

クラドが結構流れていて、海の底は暗くなっている事が想像できます。
また、台風の影響かウネリがあり、浅い方はウネリの影響を受けていそう。
浅い方へ行くか深い方へ行くか悩み、取り敢えずやや深めのところへアンカリング。

ビシメインで釣りますが、反応は同じ。
エサ取りはとっても活発だけど、大きいものの気配が無いです。

また浅い方へ行くか深い方へ行くか悩み、iOSさんが深い方に居たので取り敢えずそっちへ。
潮は南から北へ流れはじめています。

アンカーがあまり効かずに何度か入れ直し、二枚潮が予想できたのでビシをメインで。
タナはだいたい分かっていたので、タナっぽいあたりへ仕掛けを入れると、1発でアタリが出ました!

先日の反省から、アワセを弱めに。
ドラグも緩めにして上げてくると、赤いけど鯛じゃない。
大きめのイトヨリでした。

イトヨリが釣れるということは、砂地がメインですので鯛狙いには良くありません。
1度仕掛けを入れ直して、反応がいまいちだったので、浅い方へ移動。
水深21mくらいのところで釣ろうかなと思っていましたが、アンカリングしたら19mくらい。
でも浅い方が底が明るいから、大きめの魚の反応は良いかも。

ビシをメインで釣りますが、反応はやっぱり今ひとつ。
二枚潮ですが、南からの流れが強くなってきています。

仕掛けを数度入れましたが、潮の状況が刻々と変わって行き、先取りしているつもりでも上手く状況に合わせる事ができません。
もう時間も無いし、最後にNSを流して終わりにしましょう。

NSの仕掛けを流す前に、コマセを短い間隔で巻き続けつつ、ビシ仕掛けを片付けます。

適当にコマセを撒いたら、NS仕掛けを投入。
コマセも周りにたっぷりと。
多分二枚潮なので、フロートを入れたまま潮に仕掛けを乗せて流します。

仕掛けを流しつつ、さらに道具を片付けて、時計を見るともう14:30です。
NS仕掛けを回収しなければ。

糸を巻いてみると、何やら魚の様な反応。
取り敢えずアワセ。

巻いて巻いて、やはり何か掛かっているようです。
やはり強烈な二枚潮で、ボートの後ろの方に流れていた仕掛けがボートの横の方から上がってきます。
魚の引きはまだ感じられますので、ドラグを緩めにして上げて来ます。

魚の姿が見えて来ました。
赤くて白くて平べったい!

IMG_1722.JPG
(マダイ 31cm 14:36)

最後の最後に、鯛が釣れました!
時間も無いので、タモに入ったまま写真を撮って、すぐに血抜きして上がりとしました。
急いで帰還。


お持ち帰りは、イトヨリとマダイ。

IMG_1725.JPG


イトヨリもイワシを食っていました。
マダイの口にはハリがしっかりと掛かっていました。
ハリの色はこれが一番反応が良かったですが、反応はコロコロ変化しました。この色が好かれたり嫌われたり、ケイムラが良かったり嫌われたり。晴れて明るいのでPEマダイ色が良いかと思いましたが、今ひとつでした。

IMG_1726.JPG
posted by こっとん | Comment(2) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

H30.6.9 油壷釣果掲示板

E6F0828E-38D2-4057-9EA2-982B61BF02C0.jpg

マゴチ、クロダイ、キジハタ、シロギス
posted by こっとん | Comment(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

H30.6.2 三浦半島小網代【二度あることはサンドア〜ル】

大潮の後の中潮は、魚の活性が高いと言われています。
その上、潮回りがイサキが狙えそうな潮回り。
ドキドキしながら、釣行です。

店長さんの息子さんにボートを出してもらい、ボートの上でフィッシンググローブをはめて、さあ漕ぎ出すかというところで、なぜかグローブが手に入らない。
あれ?と思ってみると、違うグローブの右手が2つ。間違えて持ってきてしまったようです。
両方右手。
おのれッ、チャリオッツ!カタキを取れッ!

すみません。取り乱しました。

さて、潮は適度に濁りが入り、良い感じです。
まずはイサキ狙い。

ポイントにアンカリングしましたが、潮がほとんど流れていません。
時間的にこれから潮が動き出すはず。準備しながら潮が動くのを待ちます。

待っていると、だんだん潮が動き始めましたが、潮の向きがあまり良くない。東から西へ流れています。
取り敢えず、ビシで釣りつつNSも流します。

NSが適当な距離流れたので、仕掛けを回収しようとすると、少しアタリが出たような気がしました。
合わせて巻いてくると、鯛のようであり違うようであり・・・???
よく引くけど???

エソとチャリコの一荷でした。チャリコは24cmくらい。
チャリコをリリースしようとしましたが、浮いてしまったのでキープ。

さて、鯛も食って来てくれる事が分かりましたので、俄然やる気が出て来ます。
潮の流れる方向が今ひとつなので、ビシをメインにします。

ビシで棚を取って、この高さで食ってくるはず、というところで長めに待っていると、やっぱり来ました!
合わせて乗りましたが、鯛ではない感じ。やや泳ぎ回りながらも下へ下へと潜り、しかも竿先がブルブルしているので青物です。
サイズも小さくはないようです。

これ多分、大アジだ!

ドキドキしながら仕掛けを上げて来ましたが、途中から重みが無くなり、まさかと思ってビシを掴んでも、クッションゴムが「だる〜ん」としています。
バレてる・・・

同じタナにまた仕掛けを入れましたが、食って来ません。
針を変えたりしましたが、何も食わない。

潮の向きもだんだん変わって来て、南から北へ。
しかも、フグもいるみたいです。
移動します。

マリンパーク沖のやや深めのところへアンカリング。
南からの潮がだんだん早くなって来ました。

NSを流しつつ、ビシで。
棚は結構高めという事が分かっていますので、すぐに棚取りができました。

ここで食ってくるだろうと思っていると、やっぱり食って来ました。
合わせて乗りました。

流れが早くてサイズがよく分かりませんが、引きも強いし小型ではない感じ。
巻いて巻いて。
あれ?引きがなくなった?
またバラした?

バレてます。

同じ棚に同じ仕掛けを入れ直しましたが、食ってくれません。
針を変えてもダメ。
ちょっと警戒レベルが上がったようです。

ハリスを交換。2m長くします。これで食ってくると思います。

仕掛けを入れると、やはり食って来ました。
しかし、また途中でバレました・・・今日3度目・・・

何だろう。針が小さすぎる?
針を大きくしましたが、今度は食って来ません。

針を変えたり、ビーズを入れて食わせようと頑張りましたが、ダメ。
NSも流れすぎて期待できない様子です。

午後に入り、上げ潮が緩んでくる時間帯になると、潮の向きが変わって来ました。
しかし向きがまたあまり良くない感じ。
だんだん二枚潮っぽくなって来ました。

風も出て、波っ気が出て来ました。
ビシだと鯛狙いはキツイ。

ちょっと早いですが、終わりにしましょう。
14時前、終了としました。

食わせるまでは持って行けて、針の交換タイミングとかハリス長の選択とかの「釣りの組み立て」自体はそれほど悪く無かったと思うけど、取り込みがうまくできませんでした。
何が原因か、考察が必要です。

不完全燃焼です。
このモヤモヤを、次回の釣行の原動力にします。


午後から南風が出てくるのって、もう真夏の天候です。
雲も「夏の雲」ですね。
日差しも強くて、左手が日焼けしました。おのれッ!チャリオッツッ!
IMG_1719.JPG



恒例の iOSさんの釣果です。
IMG_1782.jpg


今年はカワハギが大きいですね。
ハタ類も、多くなって来ているようです。
オオモンハタだけでなく、アカハタも居るんですね。


ブリ狙いの人はあまりいなかったようです。
魚探掛けて移動してたら大きなのが数匹で底から4,5mを回遊しているみたいだったので、まだ居るんじゃないかと思います。
イワシは減ったみたいなので、泳がせだったら生きエサの準備が必要かも。
posted by こっとん | Comment(4) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

H30.6.2 油壷釣果掲示板

IMG_1718.JPG

また大きな鯛が上がってますね。
posted by こっとん | Comment(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

H30.5.26 三浦半島小網代【今年は面白そうです】

約4ヶ月ぶりの釣行です。
ブランクが長いので、基本の釣り方で感覚を取り戻すつもりで釣ります。

濁りが適当に入っていて、いい感じです。
釣果が期待できそう。

まずは、ちょっと北のほうのポイントで様子を見てみます。
・・・ハリス切られた。フグが居る・・・。
すぐ移動。

次は、湾出口から西方向に沖に出たあたりで。
・・・ハリス切られた。フグが居る・・・。
すぐ移動。

潮の向きがアレだけど、これだけ濁りがあればイサキ/アジいけるかな?
例のあの辺りへ移動してみます。

ビシ仕掛けを下ろして様子を見ると、エサ取りの反応はいい感じです。フグも居ないみたい。
潮が二枚潮っぽくて、タナ取りが訳わからない・・・。

ハリは、PE真鯛色はやや敬遠されているかな?という感じです。「イサキハナダイ専用」のオレンジ色が反応が良いみたい。ケイムラも試したいけど、フグが寄るかもしれないので止めておきます。
取り敢えず、イサキハナダイをメインでサブでPE真鯛色を入れたり外したりでやってみます。

タナを低めに仕掛けを入れたらエソが釣れ、少しタナをあげたら、キュウセンが釣れました。
魚の反応は良いみたいです。

貝のビーズで沈めたりビーズを外したりして、大体タナが取れました。
静かに、長めに放置したところ、竿先が引き込まれるアタリが出ました。

久し振りで魚のサイズが判別できませんが、タイとかイサキ系のクンクンとした引き。


IMG_1708.JPG
(真鯛 33cm 9:07)

小さめですが、真鯛が釣れました。
「イサキとアジと鯛が交互に釣れるパターンの日かも!」と期待しましたが、やっぱりイサキとアジは釣れず・・・。

しばらく釣りましたが、エサ取りらしきものがかなり上の方まで上がって来たようで、良い魚の気配がしなくなったので移動することにしました。(シマダイあたりの強気な小魚が上まで来たんだと思います)

マリンパーク沖の適当な位置へアンカリング。
上げ潮が効いてきたようで、南から北へ潮が流れ始めました。
「流れが出てきたから、NSでいけるかな?」

NSを時間をずらして2本流します。

2流し目くらいで、もうアタリが出ました。
置き竿のリールのスプールが「ジャー!」っと回転しています。
慌てて竿を手に取って、合わせを入れます。

IMG_1709.JPG
(真鯛 33cm 12:09)

また同じくらいのサイズです。
(後で捌いた時にわかりましたが、片方がオスで片方がメスでした)

さて、潮はどんどん早くなって来ました。
NSの仕掛けもガンガン流れてしまい、アタリがよく分かりません。
仕掛けの重さを調整しながら数回流したところで、アタリっぽくスプールが回転。合わせて乗りました。

リールを巻いて寄せて来ましたが、途中まで引いていて明らかに乗っていたのに、潮が早くて流れの抵抗が強く、いつバレたのかもわからずバレていました。

その後も小さなホウボウが釣れましたが、流れが早すぎてNSは難しい感じ。
しかし、ビシに切り替えるには時間もコマセの残りも足りないようです。

NS仕掛けをうんと重くして流しながら、片付けに入りましたが、何も掛からず。
14時に終了としました。


朝から北風が強かったですが、13時過ぎくらいからは風も収まり凪いできて、気持ちの良い天気になりました。
久々に海の上で気持ち良い1日を過ごすことができました。


そして、浜に上がったらブリ様が!
IMG_1710.JPG

鯛ラバに来たそうです。

何年か前にも湾内で陸からブリを釣った人が居たようですが、今年も岸近くまで回遊して来たんですね。
まだ接岸中だと思います。泳がせとかで狙えるんじゃないでしょうか?


そして、iOSさんの釣果はこれ↓
IMG_1780.jpg

オオモンハタが順調に定着している様子です。(あの辺の小さい根が点在してる辺りですよ)
煮付けで激ウマだったそうです。

そして、油壷は今年初めてと言っていた常連さんも、良いサイズのクロダイを釣っていました。

ちなみに、この日の朝方の釣果掲示板はこれ↓
IMG_1707.JPG

ブレててみにくいですが、モンゴウイカが上がってます。
アオリも上がっていて、イカも寄ってますね。
ヒラメも何枚も上がっています。

そろそろカイワリも入ってくると思います。
カワハギも、今年はいいサイズが揃っているそうです。
今年は魚種が豊富な面白い年になる予感がします。
またキントキとか来ないかな?
posted by こっとん | Comment(6) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

H30.5.26 油壷釣果掲示板【ブリ上がってます】

IMG_1711.JPG

IMG_1710.JPG

ブリが出ました!

ボート屋のお兄さんの話だと、おそらく一匹だけではなく、ここ2〜3週間は釣れる可能性があるのでは?とのこと。
柳の下ならぬ、マリンパークの下に二匹目三匹目のブリを狙ってみてはいかがでしょう?
ボートでブリ釣ったら、一生自慢できますよきっと。
さあ、仕事休んでお出かけだ!
posted by こっとん | Comment(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

H30.1.13 三浦半島小網代【冬の凪 2018】

サバもソウダもいなくなり、NS仕掛けがストレス無く流せる季節になりました。
計画としては、NSメイン。竿2本出し。
そしてとある事情で、てーち付近は避けて、北側のポイントで釣ります。

出船して、旧旧定置網のあったあたりを沖の方へ漕いで行くと、岸近辺よりは水温も少し高い様子。
魚探に反応もあるので、水深22mあたりでアンカリングして釣り始め。潮はかなり澄んでいます。

NSの準備をしつつ、撒き餌を撒きます。
魚を寄せることが先ずは先決。しばらく餌を撒きます。

さて、仕掛けを流して行きます。
海の調子が良ければ1投目で、多分何か来るはず。
潮は流れてはいますが、それほど速くなく、ゆるゆると仕掛けが出て行きます。

2本目の竿を準備。仕掛けは1本目とは少し変えてみます。
2本目の仕掛けを作っていると、置き竿にしていた1本目の竿のリールが「ジャー」っと高速回転しました!アタリです!

アワセて乗っていますが、なんかすげー重い。
引きも強いし、頻繁に首を振ってます。しかし、たまに鯛のような引きをします。
何が掛かった?

ドラグを緩めにして巻き上げて来ると、黄色い尻尾が見えました。
イナダかな?

ボートの下に入って、また出てきたら白くて平べったい姿が見えました。
あれれ?イナダじゃないのかな?

水面近くまで来て、納得しました。イナダと鯛の一荷です。

2018-01-13 07.57.41.jpg

イナダが暴れるので、タモ入れに苦労しました。
一匹ずつ、大きさを測ってみます。鯛は33cmくらい。

2018-01-13 08.04.10.jpg
(真鯛 33cm 7:57)

イナダは、47cmくらい。

2018-01-13 08.06.12.jpg
(イナダ 47cm 7:57)

NSの強烈なアタリとイナダの強い引きを堪能できました。
しかし、1月中旬でまだイナダが岸近くに居るとは。

イナダが暴れて場がかなり荒れたと思われます。
少し撒き餌だけにして、仕掛けを入れずに魚を寄せます。

時間を置いて、またNS仕掛けを流します。仕掛け2本出しで。
風が少しあってやや寒く、手先が冷たくなります。

1度流して食わなければ、仕掛けを少し変えて流しています。
軽めの仕掛けに徐々に変えていっていましたが、1投目の仕掛けに近い重さの仕掛けに戻して流したところ、がっつりアタリが出ました!
「ジャー!」

鯛っぽい。そんなに大きくはないですが、小さくもなさそう。

2018-01-13 08.55.23.jpg
(真鯛 31cm 8:55)

さて、また場荒れしたのか釣れなくなりました。仕掛けを軽く、浮かせ気味にしてゆっくり目に遠くまで流してみました。
竿を手持ちでゆっくりゆっくり流していると、「シャッ!」とスプールが回転しました。小さく鋭いアタリです。
アワセて乗りましたが、引きが小刻みですごく元気な感じです。鯛ではない様子ですが、それほど小さい感じでもないし、また何が掛かったのか分かりません。大きいフグかな、こりゃ?

カワハギ大小の一荷でした。写真を撮り忘れたので、帰って来てから撮りました。

2018-01-13 17.21.45.jpg
(カワハギ 26.5cm)

やはり今年のカワハギは大きいようです。肝が大きくて、たいへん美味しゅうございました。

潮が少し流れて来ました。仕掛けをいろいろ変えてみますが、アタリが出ません。餌取りはいるようで、付餌はほぼ綺麗になくなります。
鯛たちは何かが気に入らないのでしょうが、どこがお気に召さないのかちょっと分かりません。

状況確認として、試しにビシも出してみました。
餌取りはいますが、鯛は食ってくれません。フグはいないようです。釣れる気が全くしないので、NSをまったり流しながらパンを食べたりします。
風は弱くなり、日が昇り日差しが暖かくなって来ました。海も凪いでいて、ボートで海に浮かんでいるのが気持ちのいい陽気です。

仕掛けの正解がよく分かりません。
お昼過ぎ。そうこうするうち、潮が緩くなって来ました。潮止まりは 13:30 くらいなので、上げ潮が緩くなって来たのでしょう。潮が緩んだせいか、沖にいたボートがアンカーを上げて帰って行きました。

私の予想では、潮止まり付近でもう一度潮が流れるはず。
沖にいたボートはビシ釣りしていたようなので、魚が寄っていると思います。魚がいれば、違う釣り方をすると釣れるかも知れません。移動の後のポイントに入ります。水深は33mくらい。

撒き餌をしつつ、少し待ちます。
やはり潮が少し流れ始めました。NS仕掛けを流します。しかし、餌は取られるのですがアタリが出ません。
潮の方向が変わるようになって来ました。予想ではしばらく流れると思ってましたが、予想と違って潮が安定しなさそう。
風が出てくる気配もあるし、獲物も十分頂きました。上がる準備をしましょうか。

NS仕掛けを流しつつ、撒き餌を処分。多めにひっきりなしに撒いて、道具の片付けに入ります。
ビシ仕掛けを片付け、NSの竿も1本片付け。1本は仕掛けを流して置き竿で。
片付けがそろそろ終わるかなといったところで、置き竿のNSのスプールが「ジャーーー!!」と勢いよく回転!アタリました!!

少しバックラッシュしてしまいましたが、竿を手にとってアワセ。バックラッシュした糸が絡んで、ドラグが滑っても糸が出ません。
引きが鯛のようです。元気です。

2018-01-13 12.53.01.jpg
(真鯛 35cmくらい 12:53)

やはり魚が寄っていたようです。NS に騙されてくれました。
ここでちょっと欲をかきました。もうひと流ししながら片付けしましたが、釣れませんでした。ひと流しが余計でした。

日差しが暖かく、べた凪でした。大鯛はこんな凪が大好きなんじゃないかと思いますが、大鯛は釣れませんでしたw
南西からの微風が出て来たようです。風が出てくる予報ですので、凪いでいるうちに引き上げましょう。
13時過ぎ、終了としました。


お持ち帰りは、真鯛 3枚とイナダとカワハギ。
イナダは痩せ気味で脂も乗っていませんが、真鯛は少し脂が乗っている感じでした。
カワハギは、肝が大きくとても良いです。今、オススメの釣り物かと。
posted by こっとん | Comment(8) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

H30.1.13 油壺釣果掲示板

594F84E6-F524-42FC-ADBC-DDC75EADDFE8.jpg

カワハギ、今年は大きいようです。
posted by こっとん | Comment(2) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

H30.1.6 三浦半島小網代【小寒の後の凪】

2018年、初めての釣行です。
お神酒を海の神様に捧げ、初釣り開始。

下げ潮が効くことを祈って、南の根からの回遊がありそうなあたりにアンカリング。しかし、潮があまり動かず、動き出したと思ったら西の方へ流れたり北の方へ流れたりです。
NSもうまく流せず、ビシも今ひとつ。
粘ってみましたが、潮の流れが弱く、フグが寄って来てどうしようもなくなりました。

このポイントではちょっと厳しそう。
ポイント移動してみるかと考えましたが、かと言って、澄み潮でこの時期の浅場は期待できなさそう。
ちょっと深目のところへ行ってみますか。

水深40m近いかな?
ビシで釣ってみますが、餌取りの反応が今ひとつ。
流しておいたNSに何か掛かってるようですが、小物です。

IMG_1652.JPG
(ホウボウ 10:40)

ホウボウの子供でした。リリース。

うーん。もう少し浅い方がいいのかな?
水深37-38mくらいのところへ移動。
しかし、餌取りも反応がないです。

ちょこちょこと移動したりしましたが、どうも釣れる気がしません。
やる気がなくなって来たので、景色を眺めたりしてのんびりしていると、潮が流れ始めたようです。

もう上がろうかと思っていたところへ、潮が流れ始めました。
やる気が出て来ました。

潮は、初めは西へ流れている感じでしたが、徐々に南の方へ流れて来ました。
この潮ならイケるかも。
また始めのポイントに戻ります。

潮が南東方向へ流れ始めたようなので、ちょっと沖目へアンカリング。
当然、NSを流します。

撒き餌を少しして、仕掛けを入れてみると、また少し潮が速くなったようです。
仕掛けを上げて入れ直し。
すると、スプール「ジャー!」のアタリが出ました。

スプール回転は凄かったですが、そんなに大きくありません。
しかし、鯛のようです。

写真を撮ってませんが、21cmくらいのチャリコでした。
獲物がないとは言え、さすがにこのサイズはリリースでしょう。(13時くらいです)

時合いが来たのかも知れません。
ちょっと魚を遊ばせてしまったので、撒き餌を何度も入れてから仕掛けを入れます。
しかし、アタリません。

仕掛けの何かが悪いのでしょうが、何がいけないのか分かりません。
とりあえず、仕掛けに敏感なサイズのチャリコが釣れているので、同じ仕掛けで通します。

数回流しましたが、アタリません。
途中で仕掛けを止めたりしてみます。
長めに止めていると、竿先にちょこっとアタリ。
すかさず合わせると、何か乗りました。
また小物で、鯛ではなさそう。

やはり。
カワハギでした。

もう時間が無くなって来ました。
数回流しましたが、何も掛かりませんでした。
14時、終了としました。

お持ち帰りは、カワハギのみ。


さて、iOSさんの釣果です。
HI3G0608.JPG

このうち、カワハギ2匹は我が家に嫁いでいます。

この日、まーべらさんもいらしていました。
まーべらさんの釣果は、まーべらさんのブログでどうぞ。
posted by こっとん | Comment(4) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H30.1.6 油壺釣果掲示板

IMG_1653.JPG

最近、更新が無いようです。
海水温が高めで、いろいろ例年と違うみたいです。
青物は近場にはいなくなったようですが、スズキはまだ入って来ていないらしいです。メバルもまだ浅場に来ていないそうです。
澄み潮で小網代湾内の浅場の海中がよく見えましたが、捨て石や岩根にはフグのような小魚が多数いました。

例年と違うということは、意外なチャンスがあるかも知れません。
違う状況を楽しむのも、面白いかと思います。


書き忘れの追記です。
冬季(1月から3月)は、土日祝日のみ営業です。
(なお、3月の中旬くらいからの平日営業を検討してくれているという情報もあります。)
posted by こっとん | Comment(2) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

【毎年恒例】お守りを新たにしました【深川八幡様】

今年も深川の八幡様に初詣に伺いました。
日本全国に知れ渡るような事件があり、初詣の人出も少ないとのことでしたので、暖かな日中に詣でました。

例年ですと、三が日の日中などはお参りの列も長く並んでいると聞きますが、今日は全く列も無く、明らかに人が少ないです。

神様に昨年のお礼を述べ、今年もみんなが無事に釣行出来ますようにお願いしました。

そしてまた、自分好みの巫女さんからお守りを分けていただきましたw

IMG_1651.JPG

おっと、間違えました。
やり直し。

そしてまた、自分好みの巫女さんからお守りを分けていただきましたw

5EE10FC6-A1AB-422B-BF8D-C0011A49EC6F.jpg
posted by こっとん | Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

2017年の振り返り

この数年、中学の同窓生の忘年会に参加しています。
2017年の忘年会は今日でした。今帰って来ました。
酔った勢いで2017年の振り返りをしたいと思います。

今年は、釣行回数が5回でした。
週末の天候不順と体調不良がありましたが、釣る気力が失われてしまったことが釣行回数の少なさの原因でしょう。
仕事の忙しさもありましたが、運動不足は気力の減少に直結してしまいますね。
やはり人間は動物なので、体を動かさないとダメですね。

人間、自然に触れていないとおかしくなります。
己が自然の一員であることの確認が必要です。小さな自分を受け入れてくれる自然と遊んでもらうことが、自分という存在の立ち位置の再確認になります。

さて、振り返りと言っても振り返ることができる釣行があまりありませんでした。
梅雨のイサキと大アジは、南の根から回遊して来る魚をうまく捉えることができました。
冬の澄み潮の真鯛は、ナイショの対策で釣り上げることができました(ヒント:「濁ってないなら濁らせちゃえ」作戦)。
2017年は、事前に考えた対策がうまくハマった釣行をすることができました。釣行回数は少ないですが、狙いがうまく行き、釣り師冥利に尽きる釣りをすることができました。良い釣りができたことを、海の神様に感謝します。
数値的には、以下のような結果となりました。

◆2017 年釣行 5回(油壺5回)
 うち2回完全ボウズ
 30cm 以上真鯛:2枚
 チャリコ:4枚
 大アジ: 1尾
 イサキ: 1尾

来年は、もっと釣行回数を増やしたいと思います。
現場を見て感じることが一番大事なことであり、釣れても釣れなくても自然に触れることが自分という存在に不可欠であると信じています。
もっと自然に遊んでもらいたいです。海の神様、来年もよろしくお願い致します。

参考までに、以下は去年までのまとめです。
◆2016 年釣行 17回(油壺17回)
 うち8回鯛釣果なし
 30cm 以上真鯛:5枚
 チャリコ:13枚
 ハナダイ: 3枚
 大アジ: 6尾
 イサキ: 12尾
 クロダイ: 46cm
 スズキ : 72cm
◆2015 年釣行 20回(油壺19回、大津1回)
 うち4回鯛釣果なし(大津1回含む)
 30cm 以上真鯛:14枚(73cm 1枚含む)
 チャリコ:35枚
 オオモンハタ:34cm 他 計3尾
◆2014 年釣行 23回(油壺23回)
 うち5回鯛釣果なし
 30cm 以上真鯛:8枚
 チャリコ:31枚
 チカメキントキ:4枚
 アンコウ様☆降臨☆
◆2013 年釣行 29回(油壺29回)
 うち13回鯛釣果なし5回完全ボウズ
 30cm 以上真鯛:36枚
 チャリコ:13枚
◆2012 年釣行 19回(油壺16回+大津3回)
 うち4回鯛釣果なし(大津含む)
 30cm 以上真鯛:22枚
 チャリコ:52枚
◆2011 年釣行 15回(油壺12回+葉山3回)
 うち8回鯛釣果なし(葉山含む)
 30cm 以上真鯛:3枚
 チャリコ:16枚
◆2010 年釣行 17回(油壺15回+葉山2回)
 うち7回鯛釣果なし(葉山含む)
 30cm 以上真鯛:6枚
 チャリコ:25枚
◆2009 年釣行 15回(油壺12回+葉山2回+三浦海岸1回)
 うち10回鯛釣果なし(葉山、三浦海岸含む)
 30cm 以上真鯛:0枚
 チャリコ:10枚
posted by こっとん | Comment(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする