2017年07月09日

H29.7.8 三浦半島小網代【梅雨イサキ】

Yさんすみません。
はじめ Yさんだと気づいてませんでした。間抜けなことに、ちょっと似てる人だなぁと思ってました。

さて、梅雨の大潮の油壺、イサキを狙わない理由がないです。
例のあたりへ、漕ぎ出でました。

後述しますが、ある仮説があったので、例の根より北側へアンカリング。
魚探に魚のような反応がありました。

8時過ぎ、何かアタッた!
小物じゃない感じ。
アワセが鋭すぎたかな?と思ったら、2,3秒でバレました・・・。
残念、でも、何か居るのは間違いない様子。

仕掛けは多分大体あってるので、棚を細かく変えてみたらまたアタりました。
引きはイサキっぽい。

2017-07-08 08.30.55.jpg
8:30 イサキ

太って美味しそうなイサキが来ました。

棚がコロコロ上下するので、小まめに棚を上下してみる。
少し下げ気味にしたら、アタッた。けど青物だこれ。ブルブルしてる。
サバかぁ・・・。
と思って上げてきたら、大アジだ!

2017-07-08 09.42.39.jpg
9:42 大アジ

ポツポツだけど、釣れることは釣れます。
で、チャリコも来ました。針飲んだのでキープ。

これは、イサキ -> アジ -> 鯛 でダラダラ一日釣れる日かも?と思ったけど、結局これ以上は釣れませんでした・・・。

潮が緩くなって来ました。
これから潮止まりで、その後上げ潮です。

以前、kagoturiさんが大釣りした時に kagoturiさんとお話しして、その後いろいろ考えてある仮説を考えました。
多分、今日は上げ潮じゃ釣れない。
移動して、他のモノを狙おう。
(浜に上がった時に Yさんと iOSさんに、釣れたのは下げ潮か上げ潮かを確認したのは、上げ潮で釣れたか知りたかったからです。)

常連さんがカイワリを釣ったとのことだったので、深めのところでカイワリ狙ってみようかなーと移動。
しかし、大サバが多くてちょっと無理。全く仕掛けが落ちていかない。
カイワリは諦めました。

さて、気になっていた北のほうへ移動。
ビシで鯛狙いです。

餌取りも反応が良く、潮も動き出しました。
上げ潮だけど、北から南へ流れ出しました。これ多分、中小物の鯛が釣れる潮だ。

針をやや小さめにしてビシで。
チャリコですが、やっぱり普通に食って来ました。
これもお腹が出てしまったので、キープ。

だんだん上げ潮が強くなって来て、上潮の向きが変わりました。南からの潮がガンガン流れ出しました。
これも、小鯛とか来る感じの潮です。ですが、2枚になって釣りにくい。

さらにサバも多く、邪魔されてなかなか釣ることができません。

風も強くなって来たので、あと1回仕掛けを降ろして終了することにしました。
何か当たる予感があったので、1回だけ。

仕掛けを降ろして、棚を合わせて待つと、やっぱり来ました。
こりゃあちっちゃい。
21cmくらいのチャリコ。さすがにこれはリリース。
終了。

海の神様、楽しく釣りができました。
ありがとうございました。

お持ち帰りは、イサキ1尾、大アジ1尾、チャリコ2枚と、タマガシラ、なぜかビシに来たカワハギ。

ちなみにYさんも、イサキ1、大アジ1。さらにカワハギがたくさん。
iOS師匠は、またやってくれました。
これ↓
いいサイズです。テンヤだそうです。

IMG_1272.jpg
posted by こっとん | Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H29.7.8 油壺釣果掲示板

2017-07-08 15.05.56.jpg

15時時点です。
posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

【iOS通信】H29.7.2 油壺で大鯛釣っちゃいました

どうも、iOSです。
久しぶりのiOS通信です。

油壺でヌシを退治しちゃいました。
その顛末を書いてみますね。

さてさて、釣行前日に天気予報を見たら、風の予報が良くなってるじゃないですか!
観音崎に行くか、油壺に行くか迷ったので、ぴー太郎さんとこっとんさんにメールして予定を聞いてみました。

ぴーさんはお仕事、こっとんさんはなんか迷ってる風。わからないって。
迷ってるっていうことは、多分出撃するでしょうw
油壺にき〜めた!

さて当日の朝、エサ屋に立ち寄ると、こっとんさんからメール。
やっぱり出撃してるっw
「もうすぐ着きます」って返信。
ボートが出る浜に降りると、こっとんさんがいましたw

さて、出船。
晴れてきたと思ったら、雨が少しパラパラ。
風も穏やかなので、まずはテンヤで流しましょうか。

テンヤは、実績のある赤金かな。
浅場から流してテンヤを落として上げて。
しばらく流していると、テンヤを沈めた途端にガツっとアタリ、猛ダッシュで糸がガンガン出て行きました!
ものすごい引き!!

今日のタックルは、太鼓リールなのでギヤ比は1対1。しかもドラグもありません。
すごい引きで、重量感もものすごい!
これを太鼓リールでドラグなしで上げなきゃいけない!
うわー!

・・・何度も糸を出されては巻き、出されては巻きして、ようやく魚が弱って来ました。
水は澄んでいて、深目のところから姿が見えました。
うわ!デカイ!
糸を巻いて上げてくると、さらにデカイ!

タモ入れ成功しました!
ふー。疲れたー。

IMG_1267.jpg

60センチあるかな?
ちょうど60くらいかなぁ。
ふふふふ。

よーし。
これだけ大きいのが釣れれば、鯛はもういいや。
次はイサキ行ってみよう!


・・・ということで、大鯛をゲット!

当日は、40cmのも上がっていたようです。
まあ60に比べれば、お子ちゃま?

こっとんさんは、チャリコ2枚だったそうです。
これから、師匠と呼ばせようっと。

iOSでした。
では皆さん、またよろしくお願いします。
posted by こっとん | Comment(6) | TrackBack(0) | iOS通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

H29.6.24 油壺の釣果と6.27休業のお知らせ

iOSさんから、今日 2017年6月24日 の釣果写真をいただきましたので載せておきます。
また、6月27日(火)は総会で休業だそうです。

IMG_1259.jpg

IMG_1257.jpg

posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

H29.5.12 三浦半島小網代【修行不足】

らんさむなんちゃらの煽りをくらい、「問題ないこと」の確認作業がタイヘンでしたが、何とか一息つきました。
さて、記事が少し遅れましたが、GWの代休で金曜日に出撃しました。

平日なので、ややゆっくり目に駐車場に着いて準備していると、見慣れた車がやって来ました。
あれ?某πさん?
数日前にも来たんじゃ・・・?

さてさて、久々にお話しができました。
お話しして待ち、出航。

・・・しかし、また釣れませんでした。
釣れませんでしたが、状況は悪くないと思います。
潮が動けば、魚はコマセにしっかりと反応してくれ、タナも取れる感じでした。

しかし、食いが少し浅めで、オキアミの頭だけ齧られる状況を克服することができませんでした。
釣行のブランクがあったことで、釣りの引き出しが固まって開かなくなってしまいました・・・。
(毎日毎日、命のやり取りをして生き残っている野生生物相手です。まじめに精進しないと釣れませんね。心を入れ替えて、釣具の整理などから始めています。)

海底の様子も少し変化し、マリンパーク下は少し浅くなっているようです。
次回は魚探が必要かも知れません。

そして、イワシはガンガン泳いでいます。
泳がせ仕掛けを出してみましたが、イカと思しきモノにエサを齧られました。
今年はイカが良いのかも知れません。

その証拠に、この日に某πさんは 1.2kg のアオリイカを釣り上げています。
アオリもこのサイズになると、目玉がピンポン球くらいの大きさ。
ホント、相当引いたことと思います。

わたくしが釣ったのはアカメフグくらいですので、釣行日記はこの辺で。
ではみなさん、ご機嫌麗しゅう。
posted by こっとん | Comment(6) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H29.5.12 油壺釣果掲示板

2017-05-12 06.32.42.jpg

鯛も釣れてます。
今年はイカが良いのかも。
(某p氏は1.2kgのアオリを揚げました。)
posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

H29.4.28 三浦半島小網代【新緑の凪】

久々の釣行です。

iOSさんとも、しばらくぶりです。
iOSさんは同僚の方々と、3人での釣行。

温暖化が進んでいるので、風の弱い日は貴重です。
凪いでいますが、海はクラドが少し流れている模様。
少し厳しそうです。

釣り方も忘れてしまっているので、リハビリです。
釣り方はビシ。流せれば NS を少しというつもりです。
仕掛けもなるべくシンプルで欲張らないようにしました。

エサ取りの反応も薄めで、フグもちらほら。
潮も動いていて、初夏を思わせるような日差しがたまに覗くいい天気ですが、魚の反応はそれ程良くはありません。

何箇所かポイントを変えましたが、釣れません。
ちょっと浅目のところで、潮の方向を確認しようと水面下を見ると、4-5m 下あたりで何か小魚がキラキラしています。

「お?イワシが回ってるのかな?」

試しにサビキを入れて見ると、イワシが掛かりました。
しかし、それ程反応は良くなく、たまに釣れる程度。

イワシの活きエサで泳がせしようかと思いましたが、少し風が強くなってきたので流し釣りは無理。
釣れないので、晩のツマミにイワシを少し持ち帰りました。

後で店長さんに聞いたところ、ヒラメも釣れているとか。
イワシ活きエサのヒラメも良いんじゃないでしょうか?
そろそろマゴチも出そうな天気だし。

釣れない釣行記は面白くないので、これくらいにしておきます。

iOSさんの釣果を載せておきますね。

IMG_1209.JPG


さて、帰宅してイワシを少し炙って食べようかとグリルに並べたところ、なんと!マイワシの子供が混じってる!↓

2017-04-29 20.30.14.jpg

体側にななつ星が見て取れます。
下唇も上唇より長く、明らかに他のイワシと異なります。↓(すいません、焼いた後ですw)味も少し上品な感じでした。

2017-04-29 20.46.54.jpg


新緑の風の中、海の上にボートを浮かべての釣り。
気持ちの良い一日でした。
イワシも美味しい。

写真も少ないので、これ↓も載せておきます。
ボート乗り場の穏やかで明るい海の感じがとても良く出ていると思います。

2017-04-28 13.29.16.jpg
posted by こっとん | Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

H29.4.28 油壺釣果掲示板

391A014F-1672-4122-A7FD-EFCF816E4154.jpg

久しぶりです。
ちらほらと、鯛も釣れているようです。
(同じ方が釣られてますが)
今日は良い凪です。
posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

油壺の年末年始の営業について

ここの所、やたらアクセス数が増えたので、皆さんこれを知りたいのかと推測しました。
iOSさんから以下の情報を頂いています。

油壷の年末年始のお休みは 12/29(木) 〜 1/7(土)(1/8(日) から営業)
冬期は例によって平日お休みで土日祝のみ営業
通常営業は 3/18(土)から


逃げ恥で、「平匡」は魚のヒラマサからの命名と原作1巻のあとがきに書いてあるのは知っていましたが、TVドラマの子だくさんの未来のシーンで子供の名前が「カツオ、イサキ、セイゴ、ハツメ、ハタ」だったのは、脚本を書いた人の原作への愛を感じました。いえ、独り言ですw
posted by こっとん | Comment(2) | TrackBack(0) | iOS通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

2016年の振り返り

ちょっと早いですが、今年2016年のまとめです。

鯛が釣れませんでした。
釣行回数が少なかったこともあり、状況の変化に対応できていないのでしょう。
釣り場もどんどん変わり、魚も進化していきます。
常に現場をよく見て感じて、対応していきたいものです。

しかし、イサキと大アジの爆釣は笑いが止まりませんでした。
泳がせでスズキが釣れたのも、記憶に残る出来事です。

体調がすぐれなかったり、天気が悪くて出撃できなかったりしましたが、海の上にボートを浮かべて釣りをするのはとても気分が良いことを再認識しました。癒されます。

まとめると・・・
 魚探は重いが役に立つ
 イサキもうまいがアジもうまい
 スズキはスゴイが竿折れそう
 ソウダは邪魔だが味は良い
 サバフグ多くて釣りならない
 タイ釣れないが気持ちいい

さて、数値的には、以下の通りです。
◆2016 年釣行 17回(油壺17回)
 うち8回鯛釣果なし
 30cm 以上真鯛:5枚
 チャリコ:13枚
 ハナダイ: 3枚
 大アジ: 6尾
 イサキ: 12尾
 クロダイ: 46cm
 スズキ : 72cm

参考までに、以下は去年までのまとめです。
◆2015 年釣行 20回(油壺19回、大津1回)
 うち4回鯛釣果なし(大津1回含む)
 30cm 以上真鯛:14枚(73cm 1枚含む)
 チャリコ:35枚
 オオモンハタ:34cm 他 計3尾
◆2014 年釣行 23回(油壺23回)
 うち5回鯛釣果なし
 30cm 以上真鯛:8枚
 チャリコ:31枚
 チカメキントキ:4枚
 アンコウ様☆降臨☆
◆2013 年釣行 29回(油壺29回)
 うち13回鯛釣果なし5回完全ボウズ
 30cm 以上真鯛:36枚
 チャリコ:13枚
◆2012 年釣行 19回(油壺16回+大津3回)
 うち4回鯛釣果なし(大津含む)
 30cm 以上真鯛:22枚
 チャリコ:52枚
◆2011 年釣行 15回(油壺12回+葉山3回)
 うち8回鯛釣果なし(葉山含む)
 30cm 以上真鯛:3枚
 チャリコ:16枚
◆2010 年釣行 17回(油壺15回+葉山2回)
 うち7回鯛釣果なし(葉山含む)
 30cm 以上真鯛:6枚
 チャリコ:25枚
◆2009 年釣行 15回(油壺12回+葉山2回+三浦海岸1回)
 うち10回鯛釣果なし(葉山、三浦海岸含む)
 30cm 以上真鯛:0枚
 チャリコ:10枚

今年一年、楽しく釣りができました。
来年も、無事に楽しく釣りができますように。
posted by こっとん | Comment(4) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

【お買い物】本たち

お買い物です。

わたくし、釣りのマンガに目がありません。
で、本屋で見掛けたこれ↓。「つれづれダイアリー」1巻

2016-12-18 21.49.41.jpg

掲載本誌が「アライブ」ということもあってか、作者が描こうとしている内容が微妙な気がします。

女の子はかわいいのですが、作者は何を描きたいんだろう?
サビキとかちょい投げとか、一連の釣りの紹介をしたいのかな?
初心者の自分が体験したこと感じたことを伝えたいのかな?
紹介マンガで終わっていいの?
ドラマが展開してない気が・・・

「釣りキチ三平」とか、「釣り屋ナガレ」とか、釣りコミックとか読んだことないのかなぁ?

本誌「アライブ」は、「Re:ゼロ」とか「ガルパン」の4コマとかが載ってる雑誌なので、釣りを知ってる人とか好きな人が読む訳ではないところが悩みどころなのかも知れません。


そして、磯釣りの雑誌のバックナンバーから、面白そうなやつを幾つか買ってみました。
まだあまり読めていませんが、ハリのローテーション特集とか面白いです。

2016-12-20 00.37.15.jpg

油壺のマダイのスレ方が、冬の磯のメジナのスレ方に似ていると思っていて、磯のフカセの釣り方に何かヒントがあるのではないかと考えています。

前の記事のドングリ浮きは、この流れから購入しています。


あとは、鯛テンヤの代わりのラ○ジとか買ってますが、いつも使うの忘れちゃうんですよね。
フグにイライラするからでしょうか?
市販のラ○ジは色がアレですけど、使えるかもしれないと思っています。


そして、某会で見てしまった某PPOさんのケータイ待ち受けが「わけがわからないよ」だったのには畏れ入りました・・・

incuvator2.jpeg
posted by こっとん | Comment(2) | TrackBack(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

【えらいこっちゃ会】第7回だそうです

第7回 えらいこっちゃ会に参加させて頂きました。
大サマ、幹事ありがとうございました。

いろいろ頂いてしまいました。
メタルジグ3色は、釣りキチ先生からのご提供です。
石田丸さんからも、綺麗にラッピングされたサルカンとスノードームのステッカー。静電気で、スノードームの雪だるまがいい動きをします。
(スミマセン、次回は私からもいいモノを複数提供します。)

2016-12-18 22.01.53.jpg

その後、去年と同様に3Fへ・・・。
キビナゴのお通し↓が美味しいです。

2016-12-17 20.26.23.jpg

刺身5点盛り↓は、カンパチ、サバ、ヒラソウダ、メジナ、スズキ。ヒラは表面少しだけ叩きになっていました。
この時期、ヒラソウダは絶品ですね。

2016-12-17 20.29.25.jpg


さて、話はえらいこっちゃ会の開始前に戻ります。
去年は電車遅れ+人混みで少し遅刻をしてしまったので、少し早めに家を出ました。JSY あたりで時間を潰そうかと。

JSY なら誰かいるかもしれないと思っていたら、案の定 iOSさんがいらっしゃいました。
流してしまったスカリを物色していました。

私は、こんなもの↓を購入。

2016-12-18 22.03.02.jpg

NS であまり良い思いができなくなったので、磯フカセの真似事をしてみようかと。


さて、本題とは全く関係ないので以下は読まなくても全く差し支えない話なのですが、メジナはある年を境に、全国的に太仕掛けでは釣れなくなったという話があります。
鈎も細く小さく、ハリスも細くなければダメになったとか。

以下は私の持論なのですが、生き物の進化は突然変異と自然淘汰による進化ではないと個人的に思っています。
生き物は、自分の進化すべき方向へ狙って進化していると私は思っています。

例えば、蜂に模様がよく似た虫は何種類か居ます。身を守る為に蜂に擬態していると解釈されています。
この擬態が突然変異と自然淘汰によるものとすると、もっと色々な色に変異した虫が数多く見られて良いと思います。
しかし、色が変異した成虫が多数見られるという話は聞きません。

その上、蜂に似た模様の色に変異する確率って、一体どれくらいの確率なんでしょう?(確率で考えていいのか分かりませんが)
体色の突然変異がどれくらいの割合で発生して、そのうちのどれくらいの割合が蜂やら他の虫やらに似るんでしょう?
しかも、それが種として定着するんですよね?
その可能性ってどれくらいあるんでしょう?
生物が無作為な突然変異によって進化しているとすると、もっとバンバン突然変異が起きていないといけないのでは?

生物は、自分の生き残る方向へ狙って進化していると思います。
それは、人間のロジック的な思考や意思ではなく、野生の思考とでも言うべき何らかの意思があると思います。
自分たちが進みたい方向へ進んでいます。

キリンの首が長くなったのは、首を長くしたいからそうなったんです。
首が長いヤツや、足が長いヤツや、耳が長いヤツや、尻尾が長いヤツや、胴が長いヤツや、顔が長いヤツ、そんなものがたくさん生まれて来て、首の長いヤツだけが生き残ったのではないと思います。
「種として首を長くしたいから、首の長いヤツが生まれた。」「蜂に似たいから、蜂に似せた。」コレだと思います。


そして、私は生物の変化進化は徐々に広まっていくのでは無いと思っています。

以前に何かの本で読んだのですが、原典を忘れてしまいました。
うろ覚えですみませんが、次のようなことが書かれていました。

ある地域のある鳥の群れが、特異な習性を手に入れた。
はじめはその習性を持つ個体は少なかったが、徐々に数が増え、複数の群れが同じ習性を持つようになった。
すると、なぜか全世界的に同種の鳥が同じ習性を示すようになった。

これ、過去のメジナの状況にも当て嵌まるのではないかと思っています。
ある地域のメジナが、釣り人に叩かれ続けてスレて細仕掛けでしか釣れなくなったとします。
釣れないのはその地域限定だったけれど、でも次第に全国に広まった。そんな状況ではないかと思います。
(細仕掛けでしか釣れなくなった地域はおそらく複数あったと思います。)

日本全国で、クマが人を恐れずに人里に出てくるようになりました。
しかも、人間をエサと看做している。
これ、なんで全国的なんでしょう?
人間は理性的理論的な理由を付けたがりますが、この件について明確に理由を説明できているようには思えません。
「人間が危険ではないことが一斉に広まった。」コレだと思います。

マダイが全国的に細仕掛けでしか釣れなくなるような状況が、いつ起きないとも限らないと、密かに考えています。
posted by こっとん | Comment(5) | TrackBack(0) | ボート釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

【お買い物】論文見てのお買い物

ちょっとした検索で、鯛の色覚に関する論文を見つけました。英文になるんですが、これです↓。

"Adaptation of visual spectra and opsin genes in seabreams"

2009年のモノっぽいですが、黒鯛と真鯛と南洋チヌの色覚細胞について記述されている論文です。
詳細は読んで頂くとして、真鯛(Pagrus major)は赤色が見えていないようです。
(赤どころか、黄色の波長から良く見えていない。)

波長の長さにより、海中では深くなるに連れて赤色が吸収され失われて行くので、深いところに住む種である真鯛(P. major)は赤を知覚する必要がないということなのでしょう。

浅いところが生活圏である黒鯛(Acanthopagrus schlegelii)は、まんべんなく色を知覚しています。
もちろん、黄色や赤も認識しています。

真鯛は色を識別できないと言われていますが、特定の波長の光を知覚しているようです。
実際にどのように見えているのかは不明ですが、光の強弱しか知覚できないわけではないと思います。
違う波長は違う波長の光として、何らかの違いを認識していると思います。

それは、「色の違いが判別できる」ということだと思います。たとえ人間のように「色」として見えていないとしても。

さて、今までいろいろな色のハリを使ってきました。
明るい時には、「ピンク(PE真鯛色)」が良く効きます。
また、船釣りだと「赤」を使う人も多いでしょう。
澄み潮だと「青」だったりします。

論文によると、真鯛は「青」の知覚も「緑」に比べたら弱いようです。やはり、慎重派の真鯛には、目立たない色のハリが有効なのではないでしょうか。

ちなみに、私は「緑」のハリでいい思いをした記憶はありません。
論文によると、真鯛は「緑」近辺の波長に対する知覚が鋭敏なことから、納得できる感じです。「緑」はハリからの光の反射が良く見える色と考えられます。


さて、何を検索してこの論文に行き着いたかと言いますと、オキアミの加工についての検索からです。

生オキアミはハリが透けて見えますので、半ボイルとか着色とかを考えました。
黒鯛釣りでは、エサを黄色く着色することが良くあります。
黒鯛が黄色を好むからです。

黒鯛釣師の方がブログでオキアミを着色し実験した結果を公開していて、そのブログのリンクに上記の論文がありました。

ハリは見えにくい方が良いですが、エサは見えた方が良いハズです。
論文から見るに、真鯛が良く見える色は「緑」近辺です。緑とか青緑とか緑青とか。

と言う訳で、これ↓買いました。
めろん♪ぐりーんです。

2016-12-07 20.29.40.jpg

ついでに、小仕掛け用のハリと糸↓。

2016-12-07 20.29.59.jpg

「サシアミグレ」は某グレ釣り師がスレたグレを釣る時の最終兵器としていると聞いています。

先週、このハリを買おうとネット検索しましたが、どこのサイトも「お取り寄せ」扱い。
とりあえず買わずに釣り場へ行ったら、iOSさんがテンヤの孫バリに使っていてビックリ。
やっぱり小針として欲しくなったので買ってみました。

しかし、ハリも糸も、どちらも使いたくない小ささ/細さだなぁ・・・。
posted by こっとん | Comment(4) | TrackBack(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

H28.12.3 三浦半島小網代【サバフグの海】

サバフグだらけです。
釣果は、サバ1、ハゼ2、サバフグ多数。

青物は、ほとんど居なくなりました。
NS も流せます。

しかし、タイの気配を感じませんでした。
サバフグがのさばっているせいでしょうか?

午前中は風が残っていましたが、午後はいい凪になりました。

2016-12-03 14.49.55.jpg
posted by こっとん | Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H28.12.3 油壺釣果掲示板

2016-12-03 15.10.31.jpg

15時の時点です。
今年はスミイカが入って来ているようですね。

掲示板が新しくなりました。
ボート屋のお兄さんに、「掲示板新しくしたんで期待してます」と言われましたが、釣果は・・・orz
posted by こっとん | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする